NEW

注文から10分で商品が届く宅配スーパー「OniGO」とは?圧倒的なスピード感の秘密

文=鶉野珠子/清談社
【この記事のキーワード】, ,
日本初のダークストア型宅配スーパー「OniGO(オニゴー)」
日本初のダークストア型宅配スーパー「OniGO」

 コロナ禍を経て、コストのかかる実店舗営業から撤退し、ECに舵を切る業態が増えている。さらに、第3の選択肢として注目されているのが「ダークストア」だ。欧米や中国では急成長しているというダークストアとは、店舗での対面販売は行わず、商品はすべて配送のみという業態を指す。店舗を倉庫を兼ねた物流の拠点とし、ネットで受け付けた注文に応じて顧客に配送するというスタイルが一般的だ。

「10分で届く宅配スーパー」が誕生

 2021年8月、日本初のダークストア型宅配スーパーOniGO(オニゴー)」が東京・目黒に1号店をオープンした。同店の最大の売りは配達時間の速さだ。なんと、注文してから10分以内に商品を届けてくれるという。

「ネットスーパーでも配達時間の指定はできますが、10~12時、18~21時など時間の幅があり、注文主はその間ずっと待機していなくてはいけません。コロナ禍で配送やネットスーパーの利用者は急増しましたが、配送時間の指定範囲に使いにくさを感じている人も多い。そこに事業機会があると思ったんです」

 そう語るのは、OniGOを展開するOniGO株式会社の共同創業者・山本敬明氏。商品の到着を待つ時間が短縮されるのはうれしいが、注文から10分で届くというのは驚異的な速さだ。緊急性が高いシーンでの利用を狙っているのだろうか。

「緊急購買需要も想定はしていましたが、現状は日常的な利便性を求めているお客様の利用が多いですね。たとえば、近所のスーパーまで10分で行けるとしても、往復すれば20分。外出前の準備や買い物中の時間も足せば、トータルで30分以上かかってしまいます。また、子育て中で幼い子どもも連れ歩くとなると、より時間がかかるだけでなく、体力、気力も大幅に奪われてしまいます」(山本氏)

 OniGOを利用すれば、配送料300円と引き換えに、時間だけでなく体力も節約できる。初出店のエリアを目黒区の学芸大学駅近辺にしたのも、そうした利用者層を踏まえてだという。

「出店の際に設定した条件は、高所得で子を持つ家庭が多く、スーパーが比較的離れた位置にあるエリアということ。あとは運営側に土地勘があったという点も考慮して、初出店地を学芸大学駅周辺に決めました」(同)

自社開発のアプリで最大限効率化

 1号店の鷹番一丁目店に続き、21年10月には武蔵小山に2号店がオープンした。両店とも前述した条件に合う立地だが、山本氏いわく「利用者層については、うれしい誤算もあった」という。

「単身世帯やご高齢のお客様のご利用が、予想以上に多いです。特に米や水などの重たい商品や、大量の商品を一度にまとめて購入する際にご利用いただいています。また、雨天時や猛暑日など、買い物に行くのをためらうような天候のときは、年齢や世帯を問わず多くの注文が入ります。これからの季節では、雪や真冬日などに注文が増えるのではないでしょうか」(同)

 幅広いユーザーを抱えるOniGOの注文は、専用アプリから行う。この独自開発のアプリも、注文から10分以内での配送を可能にしている理由のひとつだ。

注文から10分で商品が届く宅配スーパー「OniGO」とは?圧倒的なスピード感の秘密の画像1

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合