NEW

銀座コリドー街の「スーパーグリルブラザーズ」に行って感じた残念な点とは?

文=清談社
「スーパーグリルブラザーズ」の店舗
「スーパーグリルブラザーズ」の店舗

 2021年6月、銀座コリドー街にグリルレストラン「スーパーグリルブラザーズ」がオープンした。運営は、タイ料理レストラン「マンゴツリー」などを手がけるミールワークス。同社は、とんかつ専門店「かつや」を展開するアークランドサービスホールディングスの子会社だ。

「仕事帰りに休日に、毎日を頑張る人たちのために、お腹も心もエナジーチャージできるグリルレストラン」というコンセプトで、コロナ禍にもひるまずスタートした新業態だが、果たして成功するのか。実際に店舗に行ってみた。

コロナ禍で活気のないコリドー街

 店を訪ねたのは平日の夕方。最寄りのJR有楽町駅から店舗までは歩いて10分ほど。コロナ禍以前は、仕事帰りの男女で夜な夜な賑わうナンパスポットとして有名だったコリドー街だが、以前と比べて人通りが少なく、呼び込みに精を出す居酒屋店員の声がむなしく響いていた。

 そんな中でも、光るロゴと真っ赤なテントがついている「スーパーグリルブラザーズ」の外観はひときわ目立っていて、すぐに見つけられた。店舗は2フロアあり、1階は97席、2階が69席と、かなりの大箱。にもかかわらず、入店時の先客はカップル、女性2人組、50代ぐらいの男性3人組だけだった。コロナ禍でも果敢に出店を果たしたとはいえ、なかなか苦戦を強いられているようだ。

 店内はしっかりとした木製のテーブルが並び、アメリカンステーキハウスのような温かい雰囲気をイメージしているという。大画面のモニターが何台か設置されており、スポーツ観戦をしながら盛り上がるのにもぴったりな空間となっていた。

銀座コリドー街の「スーパーグリルブラザーズ」に行って感じた残念な点とは?の画像1
注文した「スーパーグリルコンボ」

 さっそく料理を注文。頼んだのは、看板メニューの「スーパーグリルコンボ」(税込4950円、以下同)で肉・シーフード・野菜が盛り合わせられており、総重量1.5kgオーバーというボリュームが売り。2~3人でシェアしながら堪能できるという。

 待っている間に他のメニューも一通り眺めると、ラムチョップ(2178円)やオマール海老(2178円)といった単品のグリル料理も充実していた。さらに、ミートボールスパゲティ(1309円)やチリビーンズフライ(759円)、デザートにはティラミス(1012円)など、写真を見る限りではどれもボリュームたっぷりで、グリル以外の商品も豊富だ。

 15分ほど待つと、肉や野菜が乗った銀色のトレーが運ばれてきた。待望の瞬間のはずが、アレッという戸惑いもこみ上げてくる。というのも、メニューの写真だとかなりボリューミーな見た目だったが、いざ実物を目の前にすると、普通にひとりで食べれきれそうなのだ。1.5kgというイメージを膨らませすぎてしまったのかもしれない。

銀座コリドー街の「スーパーグリルブラザーズ」に行って感じた残念な点とは?の画像2

 系列の親会社なので筋違いかもしれないが、「かつや」が期間限定で販売する大盛りメニューはどれも目を疑うほどのボリュームなので、「スーパーグリルブラザーズ」でも同レベルの重量感を期待していたのだが、勝手ながら裏切られた感が大きい。

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合