NEW
「山口組組員」だった異色の司法書士・甲村柳市氏に聞く「最近の刑務所事情」

元受刑者しか知らない刑務所での生活…入った瞬間から人権剥奪、続くコロナ大感染

構成=編集部
【この記事のキーワード】, ,
東亜国際合同法務事務所代表の甲村柳市氏
東亜国際合同法務事務所代表の甲村柳市氏

 現在、岡山市内で東亜国際合同法務事務所の代表として司法書士や行政書士の業務に携わる甲村柳市氏は、1972年生まれの49歳。現在のやわらかな物腰からは想像がつかないが、なんとかつては山口組傘下組織の構成員で、服役の経験もあるという。

 異色の経歴を生かして活躍する甲村氏に、最近の刑務所が抱える問題について聞く。

20世紀の日本とは思えなかった光景

――甲村先生は、刑務所の収容経験もおありだそうですね。最近の刑務所の不祥事についてお聞きしたいと思います。

 まず、2月22日付けで、岡山弁護士会が岡山刑務所と管轄する広島矯正管区に対して「受刑者への不当懲罰は裁量権濫用」として是正勧告を求めたことが報道されました。報道によると、岡山刑務所で「差し入れられた書籍が汚れている」と訴えた受刑者に対して、刑務所側が「粗暴な言動」と判断し、独房で10日間の「閉居罰」を科しています。「不当な懲罰」とする弁護側に対して、刑務所側は「懲罰が不当とは考えていない」、管区側は「対応に問題はなかった」としています。弁護士会側と施設側で言い分が正反対です。

 この件は、どのように見られていますか?

甲村柳市氏(以下、甲村) 詳細はわかりませんが、私の経験から言うと、岡山刑務所側に問題があると言わざるを得ないでしょう。私が収監されていた30年近く前と変わっていないようです。

 私は少年刑務所への移送が決まるまで、岡山刑務所内の拘置施設に3カ月ほど収監されましたが、真冬でも戸外で洗濯をさせられていました。今は各施設に洗濯工場がありますが、当時は自分のものは自分で洗っていました。被収容者の中には、しもやけやあかぎれで両手のひらから血を流している者もいましたが、それでも自分で洗わなくてはなりません。当時は特に問題にならなかったのですが、とても20世紀の日本とは思えませんでしたね。

 私は少年院を含めていくつかの刑事収容施設を経験していますが、岡山刑務所は食事も最悪でした。

――それは、なぜなのでしょうか?

甲村 おそらく、岡山刑務所の被収容者が他の施設の事情を知らないからではないかと思います。岡山刑務所は、初犯で犯罪傾向が進んでいない(A指標)者で殺人など重い罪(L指標)の者が収容される「LA級」の施設です。初犯で他を知らない者がほとんどなので、ムショのメシがいくらまずくても、「こんなものか」と思って文句を言わないのではないでしょうか。

 もちろん、食事だけではありません。ちょっと刑務官に話しかけただけでも懲罰にするようなことも日常茶飯事でした。21世紀も同じとは、OBとしては呆れるというか、驚くしかありません。

「ビジネスホテル並み」の新設個室も

――岡山刑務所に限らず、刑務所をめぐるさまざまな問題が報じられています。国内の多くの刑務所で新型コロナウイルスの集団感染が起こっていますね。

甲村 そうですね。刑務所のような「密」になりやすい施設は、どうしても感染が広がってしまいます。まず雑居房ではソーシャルディスタンスは望めません。最近では新設された旭川刑務所や民間企業の資金を導入したPFI(Private Finance Initiative)方式の刑務所などは雑居房ではなく個室ですが、まだ5人以上が一緒に収容されている施設の方が多いです。