NEW

セブンのみ減益「セブンプレミアム魅力低下で一人負け」説の誤解…圧倒的トップの理由

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
セブンのみ減益「セブンプレミアム魅力低下で一人負け」説の誤解…圧倒的トップの理由の画像1
セブン-イレブンの店舗

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンを運営するセブン&アイ・ホールディングスは、2022年2月期の連結純利益が前期比20%増の2150億円に上る見通しだと発表している。一方、21年の3~11月期の営業利益を見ると、ローソンやファミリーマートが前年同期比増なのに対し、セブンは3%減となるなど国内コンビニ事業が鈍化傾向で、その要因としてセブンのプライベートブランドの魅力低下を指摘する声もある。

 そこで今回は『コンビニがなくなる日:どうなる?流通最終戦争』(主婦の友社)の著書で経済評論家の平野和之氏に、コンビニ業界の王者セブンに何があったのか、またコンビニ業界全体が迎えている新たな局面の現状について聞いた。

先手必勝でコンビニ業界の頂点を掴んだ王者セブン

 セブンの業績について語る前に、まずは業界におけるセブンの立ち位置を明確にする必要があると平野氏はいう。

「業界順位を年度ごとの売上高ランキングで見ると、昔からセブンの圧勝が続いています。その理由について巷の書籍などでは無数の理由が語られていますが、私が思う最大の要因は、シンプルに“競合他社に先駆けて一番いい立地に出店したから”というもの。コンビニはいい立地にお店を出せば売り上げも上がり、売り上げが上がればその分商品開発やキャンペーンを充実できる。このサイクルでセブンは頂点に上り詰めたというわけですね」(平野氏)

 では、なぜ他の大手2社と対照的にセブンの営業利益が減少しているのだろうか。

「年度ごとの営業利益の推移が必ずしもコンビニ業界の勢力図を占うものかというと、そうでもない、ということを念頭に入れる必要があります。ローソンとファミマの営業利益が増加したのは、既存店舗のリストラを実行したりしたのが理由ではないでしょうか。これをしてセブンが落ち始めているということでは決してないと思います。確かにセブンの営業利益は多少減少していますが、そもそもさまざまな要因で営業利益が変動することは割とよくあることです」

 つまり、ファミマの21年3~11月期の営業利益が前年同期比で46%増えて一人勝ちのように見えるのは、実態を伴っていないということなのだろうか。

「そうした数値が出ていることは事実ですが、それだけ見ると早合点に陥りがちです。実際、ファミマは20年2月期の連結決算での最終損益は435億円の黒字でしたが、21年2月期は164億円の赤字となっており、かなり厳しい値を記録しています。一時的にでも対策を講じる必要があったというのが透けて見えてきますよね。逆に21年3~11月期の営業利益が前年同期比19.5%増のローソンは、21年の3~5月期の連結決算では最終損益56億円と充分な黒字を記録しています。それゆえ、大きな施策を打つ必要がなく、変動が少なかったのでしょう」

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合