NEW

説明が苦手な人が陥っているたった一つのワナ

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,
『「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた』(アスコム刊)
『「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた』(アスコム刊)

 報告、打ち合わせ、会議、プレゼン……。

 こうした場での「説明」はビジネスパーソンにとって避けて通れないもの。しかし、社会人になって何年たっても「説明が苦手」という人は案外多いようです。

 入念に準備をして、話す内容も決めて、いざ説明をしても、相手からは「よく分からない」と言われてしまったり、上司や顧客から不備をツッコまれてあたふたしたり…。そんな経験をお持ちの方も多いのでは?

 2020年3月に発刊された、『「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた』(アスコム刊)によると、説明が下手な人には共通する考え方のクセがあるそう。ビジネス系YouTuberとしてはトップクラスの25万人超の登録者数を有し、外資系金融機関で活躍する現役のビジネスパーソンである著者の「ハック大学 ぺそ」さんは、ビジネスの最前線で会った説明が上手い人と下手な人を比較する中で、こんなポイントに気づいたといいます。

説明下手な人が陥りやすい「自分ファースト」

 説明がうまくいかない最大の理由を一言で表現するなら、「相手を無視している」からだと、ぺそさんは語ります。相手に向けて説明しているのに、無視しているはずがないと思うかもしれません。しかし、緊張や経験不足が原因で、ごく当たり前の「相手のことを考える=相手ファースト」の大原則が、頭の中から消し飛んでしまうことがあるのです。

 説明しなきゃ、説明しなきゃ……という気持ちばかりが先走ってしまい、言葉が続かなくなったり、沈黙が生まれる瞬間が怖くて、無理に言葉をつないだりする経験は、誰しも心当たりがあるでしょう。これは、「説明しよう」「説明しなきゃ」という気持ちに飲み込まれ、「誰に」「何のために」「どう説明するか」が意識できていない状況です。

 大事なのは「自分が話すこと」から、「目の前の相手へ伝える」ことへと意識を変換させること。相手は、自分から何を説明されることで何を望んでいるのだろう、という点から考え始めることです。つまり「相手」と「目的」について再確認するクセを身に付けるといいでしょう。これだけでもあなたの説明は格段に違ってくるはず。

一生懸命説明しても通じない理由

 説明する相手は、上司や部下、同僚、得意先など、様々なケースがあり得ます。親や子ども、結婚相手や恋人かもしれません。目的も、報告、相談、連絡だけでなく、営業やプレゼン、勧誘、セールス、許可や承認、許しを得ることなどが考えられます。

 「相手」と「目的」を組み合わせることで、おのずと正解に近い説明の方向性やヒントが得られます。

 説明は、分かりやすいだけでは不十分。特にビジネスシーンでは相手の許可や承認を必要とするケースが多いでしょう。その場合は、目的を達成するために「相手が何を求めている」のかを知り、その相手を納得させるための材料と話の順番を都度考える必要があります。 「相手」×「目的」は、説明力を上げていく基本的な公式です。逆に言えば、相手が求めていない内容を説明することには意味がありません。

 これは大切なポイントで「自分なりに一生懸命説明しているつもりなのに、相手に評価されない」というつらい思いをしている多くの人が陥っているワナなのです。

 なぜワナかというと、相手が求めていない説明であっても、説明の内容としては「合っている」可能性があるからです。たとえそれが内容的には正しくても、相手の目的を無視した自分ファーストの説明であれば逆効果。「今、そんなこと聞いてないよ!」と怒られたり、説明自体は正しい内容のはずなのに、かえって自分の評価を落とすという皮肉な結果になりかねません。

 説明が上手くなるためには、こうした基本的な心構えをふまえたうえで、ちょっとした説明のコツを身につけると、驚くほど上達するとぺそさんは語ります。

 『「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた』には、ぺそさんが実際にビジネスの現場で試して、「使える」と分かった31の説明のコツが掲載されています。べそさん自身がYouTubeで本書を解説する動画を公開しており、本書を読む際の助けになるはず。説明下手で悩む方は、いつもそばに置いておきたい一冊です。(新刊JP編集部)

●ハック大学 ぺそさんによる本解説動画
https://www.youtube.com/watch?v=K2QrwlxunNQ&t=81s

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合