NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さん夫妻、皇室の経済的支援に依存か…危機感がない理由、次の司法試験合格に暗雲

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
小室圭さん夫妻、皇室の経済的支援に依存か…危機感がない理由、次の司法試験合格に暗雲の画像1
宮内庁のHPより

 秋篠宮家の長女、眞子さんの夫である小室圭さんは、またもやニューヨーク州司法試験に落ちてしまった。だが、不合格が判明した後も、“恋人つなぎ”でニューヨークの街を楽しそうに歩く小室夫妻の姿が写真に撮られており、一見したところ危機感も切迫感も感じられない。

 3度目の司法試験まで3カ月もないというのに、死に物狂いで勉強しなくていいのだろうかと不思議に思っていたのだが、4月28日発売の「週刊新潮」(新潮社)に掲載された『「眞子さん」に生前贈与!?』という記事を読んで、「なるほど、そういうことだったのか」と腑に落ちた。

 記事によれば、初孫の不慣れな異国での生活を案じられた上皇ご夫妻が、眞子さんのために私的な財産を譲り渡されることを考えておられるという。とくに上皇后さまは、小室さんが司法試験に失敗したことによる夫婦の窮状にお心を砕かれているようだ。そのため、密かに上皇ご夫妻からの私的な財産の譲渡が計画されているらしい。

 もしこの報道内容が事実だとすれば、こうした“ロイヤルサポート”が初孫の眞子さんを心配する優しいお気持ちによるものだとしても、また税法上も適正に処理されるとしても、好ましいことなのだろうかと懸念せずにはいられない。というのも、上皇ご夫妻、とくに上皇后さまは知らず知らずのうちにイネイブラー ( enabler )になっておられるように見えるからだ。

自立を阻害するイネイブラー ( enabler )

 イネイブラーとは、依存症患者の周囲にいて、薬物やアルコールを購入するお金を与えたり、不始末の尻ぬぐいをしたりする人物であり、「支え手」と訳されることが多い。

 イネイブラー本人は、依存症から抜け出す手助けをしているつもりである。だが、実際には正反対の結果を招く場合がほとんどで、その典型ともいえるのが女優の三田佳子さんだろう。

 2018年に三田さんの次男(当時38歳)が、覚せい剤取締法違反の罪で4度目の逮捕・起訴となったとき、三田さんが300万円の保釈金を支払ったとの報道が流れ、「甘すぎる」という厳しい声が上がった。それまでも逮捕のたびに三田さんが保釈金を支払ってきており、かなり多額の小遣いを次男に渡していたとも報じられた。さらに、次男は女性問題や暴力沙汰をしょっちゅう起こしていたのに、ほとんど表沙汰にならなかったのは、そのたびに三田さんが示談金で解決してきたからだとの報道も一部であった。

 一連の報道が事実とすれば、三田さんは次男にお金を与えるだけでなく、次男が次々に起こすトラブルを処理することを続けてきたわけで、典型的なイネイブラーと考えられる。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合