NEW

松岡修造の兄、東宝社長に就任……“宝塚をつくった曽祖父”小林一三と松岡家の稀代の歴史

文=菊地浩之(経営史学者・系図研究家)
【この記事のキーワード】, , ,
【確認中】松岡修造の兄、東宝社長に就任……“おじいちゃんのパパ”小林一三と松岡家の稀代の歴史の画像1
元プロテニスプレーヤー・松岡修造はリアル“華麗なる一族”。阪急東宝グループの御曹司でありながらテニスプレイヤーの道を選んだ彼を、人は“反骨の御曹司”と呼ぶ……。(画像は東宝公式サイトより)

 3月22日、東宝の次期社長に松岡宏泰が就任すると報道された。元プロテニスプレーヤー・松岡修造の実兄である。

 松岡修造は阪急電鉄を創業した小林一三(いちぞう)の曾孫としても有名で、阪急グループ内の企業である東宝は松岡家が社長を世襲しており、宏泰の社長就任は既定路線といってもいい。映画会社の東宝が、なぜ電鉄会社の阪急電鉄と関係があるのか。さらにいえば、宝塚歌劇団もそのグループに属するというが、どういうことなのか。ここでは阪急グループの成り立ちについて触れていこう。

松岡宏泰・松岡修造兄弟の“おじいちゃんのパパ”小林一三は、稀代のアイデアマン

 松岡宏泰・松岡修造兄弟の曾祖父・小林一三(1873~1957年)は現在の山梨県韮崎(にらさき)市の旧家に生まれた(名前の由来は、一月三日生まれだから)。慶応義塾を卒業し、かねてより熱望していた小説家になるために都新聞(現 東京新聞)への入社を希望したが失敗。1893年に三井銀行(現 三井住友銀行)に渋々入行した。しかし、入社時期になっても一三はいっこうに出社しようとしなかった。熱海温泉で湯治し、女性に入れ込んで帰京せず、帰京しても地方新聞に小説を連載して作家活動に没頭していた。銀行から督促が来てもそれを無視し、知人に説教されてようやく出社するよう有様だった。

 後年、一三は稀代のアイデアマン・傑出した経営者として名を馳せるが、銀行員には不向きであった。本人も銀行時代のこと、特に自身の30代は「耐えがたき憂鬱の時代」だったと述懐している。一三は三井銀行での出世を諦め、かつてかわいがってくれた上司、北浜銀行頭取の岩下清周(いわした・きよちか【「せいしゅう」とも】)を頼って1907年に辞職した。しかし、紆余曲折があり、当初の見込みは頓挫、結局、阪鶴鉄道(大阪―舞鶴間)の監査役に就任する。ところが、「鉄道国有法」が制定され、同社は国有化。一転して無職になってしまう。

 阪鶴鉄道は国有化される前に、支線として大阪梅田―箕面(みのお)、宝塚―有馬、および宝塚―西宮間の路線設立を出願して認可を得ていた。その建設を実現するため、箕面有馬電気軌道の設立が検討されたが、有馬温泉・箕面公園といった山間地を結ぶ路線ということで採算が危ぶまれ、出資者が思うように集まらず、解散の危機を迎えた。

【確認中】松岡修造の兄、東宝社長に就任……“おじいちゃんのパパ”小林一三と松岡家の稀代の歴史の画像2
阪急東宝グループ創業者・小林一三。鉄道経営にパラダイムシフトを起こし、後の私鉄やJRの経営手法に大きな影響を与えた。(画像はWikipediaより)

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合