NEW

逮捕者の大半が外資系からの転職者…SMBC日興証券、外部人材依存で不正まみれに

文=Business Journal編集部
逮捕者の大半が外資系からの転職者…SMBC日興証券、外部人材依存で不正まみれにの画像1
SMBC日興証券のHPより

 SMBC日興証券の相場操縦容疑で、東京地検特捜部は4月13日、元副社長・佐藤俊弘被告(59)を金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で東京地裁に起訴した。法人としての同社と、エクイティ本部の元部長・山田誠被告(44)も同罪で追起訴した。計10銘柄の不正取引で計6人が起訴された。

 起訴状によると、佐藤被告は大株主から保有株を買い取って投資家に転売するブロックオファー取引をめぐり、21年4月8日、山田被告らと共謀し、大正製薬ホールディングス(HD)の株式に大量に買い注文を出し、株価を維持したとされる。

 特捜部は山田被告について、すでに起訴された5銘柄に加え、新たに大正製薬HD株を含む別の5銘柄でも不正な取引を行ったとして追起訴した。山田被告は10銘柄すべての違法な取引に関わったと断定した。ブロックオファーの窓口となる営業部門と、自社資金で株を売買する山田被告の運用部門が、買い支えを実行する条件などの情報を共有し、佐藤被告ら上司は買い支えを事前に了承していたという図式だ。

 山田被告の上司だった元エクイティ本部本部長、ヒル・トレボー・アロン被告(51)や大株主との窓口だった営業部門の元部長・岡崎真一郎被告(56)を含む当時の幹部6人を起訴したことになる。SMBC証券が大株主から保有株をいったん引き取って投資家に転売するブロックオファー取引に絡み、19年12月~20年11月、取引の対象だった小糸製作所、モスフードサービス、アズワン、ファイバーゲート、京葉銀行などの株価を不正に安定させる目的で、大量の買い注文を出した疑いが持たれている。

 逮捕された幹部は外資系証券会社からの移籍組がほとんどだ。米国籍のアロン被告は2014年、ヘッドハンティングされ、UBS証券からSMBC日興証券に移籍。20年、専務執行役員エクイティ本部本部長に就任した。北海道庁に勤めた経験もあり日本語は堪能。エクイティ部の前部長の山田被告はゴールドマン・サックス証券から15年に入社。翌16年、トレーディング業務を担う部長に起用された。

「SMBC日興証券は、自己売買部門が他の大手証券と比べて弱体だった。野村、大和に後れをとっただけでなく、実績は準大手も下回った。だから、“助っ人”としてヒルや山田がやってきた。他社に追いつけ、追い越せのプレッシャーもあり、危ないことに手を染めたのではないのか」(日興の元役員)

 取引の終了間際に買い注文を出す株価操作の典型的な手口が繰り返されたとされている。株価買い支えにつながる大量注文は、不審な取引を自動抽出して警告を発するシステムで検知され、コンプライアンスを担当する「売買管理部」から山田前部長は指摘を受けていた。この事実はエクイティ部を統括する佐藤副社長にも報告されたが、不審な取引は、その後も是正されず、繰り返されてきたという。不正は合計10銘柄で行われたとされ、これらの取引で11億円の利益を得ていたとみられている。

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合