NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2022年1~3月】

若者の間で「テレビのニュースはYouTubeで見る」が浸透?新習慣の意外な実態

構成=石徹白未亜/ライター
【この記事のキーワード】, ,
YouTubeのロゴ(「gettyimages」より)
YouTubeのロゴ(「gettyimages」より)

 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠状態だったり、アンインストールしてしまったりしたアプリがある人も多いはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉を聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。

 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 前編に続き、同社のオウンドメディア「App Ape Lab」編集長の日影耕造氏に、若者YouTube利用の実態について聞いた。

若者は「とりあえずYouTube」が浸透?

若者の間で「テレビのニュースはYouTubeで見る」が浸透?新習慣の意外な実態の画像2 若者の間で「テレビのニュースはYouTubeで見る」が浸透?新習慣の意外な実態の画像3 若者の間で「テレビのニュースはYouTubeで見る」が浸透?新習慣の意外な実態の画像4

――前回、10代、30代、60代以上の3世代別に、LINE、Instagram、Twitter、YouTube、TikTokの5つの主要なSNS、動画アプリの平均利用時間を出していただき、10代は1日約2時間YouTubeを見ているという結果でした。

日影耕造氏(以下、日影) 20代までの若年層の利用動向を見ていると、YouTubeを単にエンタメとしてだけでなく、情報収集ツールとして使っているケースも見られます。在京キー局の、日テレNEWS(日本テレビ)、FNNプライムオンライン(フジテレビ)、ANNnewsCH(テレビ朝日)、TBS NEWS DIG Powered by JNN(TBS系)、テレ東BIZ(テレビ東京)が、その日のニュースをYouTube上で配信しています。

――TVerで放送と配信の同時化が夜間時間帯から始まりましたが(2022年5月時点)、TVerを見ずとも、また、テレビをつけずとも、テレビのニュースをYouTube上で確認できますよね。

日影 特にテレビ東京は、2022年1~3月で大きなトピックだったロシアのウクライナ侵攻において、YouTubeで『「ロシアの論理」で読み解くウクライナ危機【豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス】(2022年2月9日)』を配信、独自の解説で異例の661万回再生となっています(2022年4月時点)。テレビのニュースを見て、より深い解説を求めてYouTubeを見るケースもあるのではないかと思います。

 中年世代が「とりあえずYahoo!のトップページを見る」、さらに上の世代が「とりあえずテレビのニュースを見る、新聞を広げる」という感覚で、若年層は「とりあえずYouTubeを見る」となっている印象も受けます。YouTubeは「メディア」としての役割もあるのではないかなと。

――42歳の私は、まさに「とりあえずYahoo」です。若年層にとって、YouTubeはそこまで大きな存在なのですね。「とりあえず」になるサービスは強いですね。

日影 また、TikTokはYouTubeと比べて圧倒的な短尺を差別化ポイントとしていましたが、今、ひとつの動画の上限時間は10分まで延びています。一方でYouTubeもYouTube ショートというショート動画サービスを出してきているので、今後、この二つの動画アプリの視聴時間の差は短くなってくるかもしれません。

――お互いを非常に意識し合った変更ですよね。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合