NEW

ストライプインターナショナル、セクハラ問題で辞任した前社長が主要株主に居残りか

文=Business Journal編集部
ストライプインターナショナル、セクハラ問題で辞任した前社長が主要株主に居残りかの画像1
ストライプインターナショナルのHPより

 カジュアルブランド「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナル(岡山市、非上場)の全株式を国内投資ファンド、ティーキャピタルパートナーズ(TCAP、東京都千代田区)が取得した。取得額は非公表だが、有利子負債を含めて300億円と一部で報じられている。ストライプを創業した石川康晴氏は筆頭株主でなくなる。

 ストライプの株式はこれまで石川氏が関連会社などの名義のものを含めて8割を保有してきた。TCAPは新設する特別目的会社(SPC)を通じ、石川氏や金融機関・取引先企業などの既存株主からストライプの全株を買い取る。その後、石川氏がSPCに出資し、主要株主として残るとされている。立花隆央社長と張替勉専務は現職にとどまり、TCAPから過半数の非常勤取締役を受け入れる。ファンドの傘下に入ることで事業変革のスピードを速め、目標に掲げてきた新規株式公開を目指す。3~5年後の株式上場になるとみられている。

 ストライプは主力のアースミュージック&エコロジーのほかに、「グリーンパークス」「アメリカンホリック」など複数のカジュアル衣料のブランドを持ち、国内外に約1500店を展開するアパレル大手だ。連結売上高は1000億円を超えていたが、決算公告によるとコロナ下の2021年1月期の単体業績は売上高が前期比24%減の648億円、営業損失段階で23億円の赤字、純損失が103億円だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大前に株式上場を準備していたが、コロナ後は来客数が大きく落ち込み、業績の悪化を受けて20年以降は不採算事業の整理を加速させた。複数のブランドをやめたほか、20年6月、中国から撤退。22年1月末には東京・渋谷区のホテルに併設の旗艦店「ホテルコエトーキョー」を閉店。2月末にはソフトバンクとの合弁で運営するECサイト「ストライプデパートメント」を閉鎖した。

 TCAPの前身は東京海上日動火災保険の100%子会社、東京海上キャピタルである。19年にMBO(経営陣が参加する買収)を実施して独立した。アパレル企業では子供服「ミキハウス」ブランドで知られる三起商行(大阪府八尾市)などに投資した実績がある。

石川氏はファンド事業家に転身か

 ストライプは1994年、石川氏が岡山市内にセレクトショップを開いたのが始まりだ。翌95年、クロスカンパニー(現ストライプインターナショナル)を設立。99年、製造から小売りまで一貫して行うSPA業態に転換し、自社ブランドのアースミュージック&エコロジーのヒットで急成長した。「第2のユニクロ」と期待された時期もあったほどだ。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合