NEW

『クレヨンしんちゃん』野原ひろしはハイスペック?貧困化する日本人

取材・文=文月/A4studio
『クレヨンしんちゃん』野原ひろしはハイスペック?貧困化する日本人の画像1
『クレヨンしんちゃん』公式ポータルサイトより

 1990年に連載が始まり、アニメも大人気となっている国民的漫画「クレヨンしんちゃん」。主人公・野原しんのすけをはじめとする個性的なキャラクターが多数登場する本作のなかでも、しんのすけの父親である野原ひろしは、会社でうだつがあがらず、家庭内での地位も低い、いわゆるダメ親父と揶揄されるような人物として有名だ。

 しかし、そんなダメキャラにもかかわらずネットなどでは“実は野原ひろしはハイスペックなのではないか”と論じられることが多い。実際、彼は商社勤務の35歳、役職は係長、年収600万円(諸説あり)、一軒家持ち、自動車持ちであり、令和の時代の価値観でいえば少なくともダメキャラ扱いされるようなスペックではないだろう。

 こうしたスペックを踏まえ、“ダメでさえない中年であるひろしが、実はデキるサラリーマンだった?”と彼のギャップに惚れる人も出ているのだ。一方、ひろしをハイスペックと考えるのは過大評価であると指摘する声も。とあるTwitterユーザーが5月に投稿した以下のつぶやきが、17.8万件のいいね、2.8万件のリツイートを獲得(5月27日現在)するほどバズッているのである。

「野原ひろしは実はハイスペではという話がたまにバズるけど、現実にハイスペかどうかというより、作中では別にハイスペとして描かれていない人物が現実世界の時間の経過とともに相対的にハイスペとして捉えられる範疇に入ってきた、そのくらい日本社会が貧しくなったと捉えたほうが妥当ではと思ってる。」

 たしかに、現在の日本は経済が停滞しており、1980~90年代と比べると雇用や収入の面で不安定になったとの指摘もある。

「クレヨンしんちゃん」ほどのご長寿漫画であれば、時代の経過により評価が変わってくる人物やキャラクターはいても不思議ではない。そこで今回は、百年コンサルティング代表取締役である経済エンターテイナーの鈴木貴博氏に、野原ひろしのスペックは実際にどうなのかについて詳しく話を聞いた。

今の価値観では優秀なひろしだが、昔基準だとやはり残念?

 まず、野原ひろしは現代の価値観からすると、ハイスペックな存在だといえるのだろうか。

「結論から申し上げると、そういえますね。ひろしは恐らく高卒ないしは大学中退で東京の商社に就職し、しかも35歳で係長になっているので、現代の価値観では相当できる人だと断言できます。そもそも、現代ではひろしと同じ高卒での商社への就職はほぼ不可能でしょう。

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合