NEW
現役マネージャーが語る、芸能ニュース“裏のウラ”第46回

芸能プロ関係者が語る園子温監督の性加害…それはスキャンダルなのか構造的性差別なのか

文=芸能吉之助
【この記事のキーワード】, , , ,

geinou

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 今年の3月から4月にかけて、複数の週刊誌が日本映画界の監督やプロデューサーの性暴力を相次いで告発したことで、新作映画の公開中止や、俳優の活動休止などが起きたことは記憶に新しいと思います。今回は、日本版「#MeToo」とも呼ばれる一連の騒動について、芸能マネジメントの視点から読み解いていきたいと思います。

 発端は、「週刊文春」(文藝春秋)3月10日発売号、同17日発売号で「性行為を強要された」と語る女優7人らの告発が報じられた榊英雄監督。榊氏は、1995年に『この窓は君のもの』で主演俳優としてデビューしたのち、下積みを続けながら自主映画の監督としても評価を積み上げてきた人物。近年は俳優としても大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年、NHK)で脇役に起用されるなど、俳優と映画監督の二刀流で活躍していました。

 俳優ワークショップの講師としても活動しており、被害者にはそのワークショップ受講者を含む新人女優たちが多かったようです。監督の立場を利用した仕事の斡旋や演技指導を口実に飲みに誘い出して、渋谷区内の駐車場などの屋外で性的行為におよぶ……といった過激な性加害の手口が明らかになると、3月25日から公開予定だった監督作品『蜜月』が公開中止になりました。

「週刊文春」によると、性被害の現場となったのは渋谷・道玄坂。あのあたりは映画関係者がよく利用していて、いきつけとされていた居酒屋や、女性が連れて行かれたという路地裏、マンションの駐車場などは記事を読んですぐに「あそこだな」「この暗がりならそういう犯罪行為におよべるのかもな」と想像がつきました。

 とはいえ報道の通りだとすれば、まったく同じような手口であれだけ何度も加害行為を繰り返していたことには驚きです。誤解を恐れずにいえば、榊氏はある種の病気というか……性癖のようなものになっていたのではないかと思います。きっと、彼にとっての一度の“成功体験”が忘れられずに、繰り返していたのではないでしょうか。もともと俳優でルックスもよく自信家の方ですから、彼としては合意の上だったと本気で思っていたのでしょうね。ですが、路上で性的な行為をすることを好む女性なんて、そうそういないでしょう。にもかかわらず、「合意の上だ」「相手も喜んでいたのだ」と思っていたのだとすれば、勘違いも甚だしいというか……まあ、だからこそ今回のよう事態を招いてしまったのでしょうね。

芸能プロ関係者が語る園子温監督の性加害…それはスキャンダルなのか構造的性差別なのかの画像1
監督である榊英雄の性加害疑惑によって、いったん公開が中止された映画『蜜月』。このまま日の目を見ることなくお蔵入りになってしまうのは惜しい。(画像は映画『蜜月』公式サイトより)

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合