NEW

デロイト、顧客イオンの情報をセブン&アイに提供…コンサル業界、情報漏洩が常態化

文=A4studio
デロイト、顧客イオンの情報をセブン&アイに提供…コンサル業界、情報漏洩が常態化の画像1
デロイト トーマツ コンサルティングのHPより

 6月、コンサルティング業界に関するあるニュースが大きな衝撃をもたらした。なんと世界最大級のコンサル会社であるデロイト トーマツ コンサルティングが、契約を結んでいるイオンのDX戦略の一部資料を、競合他社であるセブン&アイ・ホールディングスに会議資料として流出させていたという。またその情報は、経済誌「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/2月12日号)の「特集 セブン DX敗戦」にも、掲載されてしまったというから、なお驚きだ。

 デロイトは「守秘義務に対する基本的認識の欠如ならびに社内ルールを逸脱した行為」として、イオンとの契約に違反したことを謝罪した。しかし、SNS上ではコンプライアンスを無視した異例の行為に非難が殺到。「だからコンサルは信用ならない」「デロイトなら情報漏洩なんて常習化しているだろう」などと批判が続出する事態に発展した。

 コンプライアンスにひときわ厳しそうなイメージのある外資系の大手コンサル会社が、なぜこのような事件を引き起こしたのか。そこで今回は『コンサルは会社の害毒である』(KADOKAWA)の著者で株式会社NBI代表取締役社長の中村和己氏に、本事件の詳細について聞いた。

情報漏洩は慣行だった?外部に筒抜けの管理体制

 コンサル会社による顧客情報漏洩に関わる問題は、特段今に始まったことではないという。

「コンサル業界では建前上、ベストプラクティス(ビジネスプロセスにおける最善、最良の方法、事例)とみなされる顧客情報は破棄すると言ってはいるものの、実は密かに溜め込んでいる場合が多いです。『顧客情報はきちんと廃棄している』とコンサル会社が言っていたとしても、裏でその顧客の一般マーケットに関する情報を他の顧客とシェアしようと思えばやれてしまうのです。

 そして、その情報を買いに来る顧客も少なからず存在します。現に私の知る限りですと、あるコンサル会社の社員が日本の某大手電機メーカーのドキュメントを、海外の競合他社に売ったという話もあります。

 ですから、顧客もコンサル会社と癒着している側面があるといえるでしょう。たとえば、外資系の企業が日本市場に進出する際には、国内の競合企業はその会社の情報がほしくなりますよね。それで、その外資企業をコンサルティングしているコンサル会社の役員に話を聞きに行き、情報を入手することは決して珍しい話ではありません」(中村氏)

 また、今回のデロイトの事件のような情報漏洩は、コンサル会社の企業風土が原因のひとつであるという。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合