NEW

セブン-イレブン、不評の食品5選…ぬめっとした「そうめん」、残念な海老天そば

取材・文=A4studio
セブン-イレブン、不評の食品5選…ぬめっとした「そうめん」、残念な海老天そばの画像1
セブン-イレブン「セブンプレミアム そうめん」

 セブン-イレブンは6月末時点の国内店舗数が2万1337店を超え、コンビニ業界店舗数第1位の座に就いているコンビニチェーンである。新型コロナウイルスの影響を吹き飛ばし、業績は回復傾向にある。今年の3月から5月にかけての月次営業情報を見ると、前年同月比で既存店の売上は100.8%、101.7%、102.6%と上昇傾向にあった。また客数は97.6%、99.1%、101.3%、客単価は103.3%、102.6%、101.3%となっており、好調を維持している。

 そんなセブンは、厳しい暑さを吹き飛ばす多くの商品をラインナップさせており、「さすがセブン」と言わしめる高クオリティの商品が大多数なのだが、なかには「これは微妙……」と思われる商品もちらほら。そこで今回は“この夏、要注意なセブン商品?”を5品ピックアップしたので、紹介していきたい。

セブンプレミアム そうめん/213円(税込、以下同)

 6月下旬にTwitterで話題になったイオンのプライベートブランドである「TOPVALU」の「つるりと滑らかなのどごし そうめん」。本品は「食べ切るのがしんどい」「麺が黄色くて無理」などさまざまな理由で“不味い”という烙印を押されてしまった乾麺なのだ。その流れでTwitter上では、他の企業が発売している「そうめん」はどんな味なのかについて議論が深まっているようである。

 そんななか、セブンが発売している乾麺「セブンプレミアム そうめん」もTOPVALUに負けず劣らず、ネット上では賛否両論。「ぬめっとした舌触りで、コシが感じられない」「茹でるとき麺がくっついてしまったけど安いから説……」という批判が挙がっていた。

 実食するため、商品の説明にある通り2分間麺を茹でてみたところ、ネットの評判通り麺が高確率で絡まってしまい、その都度箸でほぐさなければならなかった。茹で終わり後も、かなりドロッとした状態だったので、冷水でしっかりとぬめりを取る必要があった。

「めんつゆ」につけてすすってみると、ぬめりを取ったにもかかわらず、口の中にまとわりつくような舌触りが目立つ。噛むとブチブチと切れてしまうため、コシもさほど感じられない。麺の好みは人それぞれだとは思うが、「そうめん」らしいなめらかな食感と強いコシを味わいたい人には不向きな商品だといえよう。

糖質を控えたシナモンロール/140円

セブン-イレブン、不評の食品5選…ぬめっとした「そうめん」、残念な海老天そばの画像2

 パン生地を長方形に伸ばし、シナモンを振りかけ、ロール状に巻いたシナモンロール。香ばしいバターの匂いが香る絶妙な甘さが人気のシナモンロールだが、その製法から糖質やカロリーは若干高め。そこで、糖質を抑えてシナモンロールを食べたい人向けに発売されたのがセブンの「糖質を控えたシナモンロール」だ。

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合