NEW

「志願したい大学」早稲田&明治が圧倒的人気の裏で横浜国立大と埼玉大が躍進の理由

文=長井雄一朗/ライター
【この記事のキーワード】, , ,
早稲田大学の大隈講堂(「Wikipedia」より)
早稲田大学の大隈講堂(「Wikipedia」より)

 リクルートが運営するリクルート進学総研は7月14日にオンライン会見を開き、「進学ブランド力調査2022」を発表した。高校生の「志願したい大学」ランキングでは、関東で早稲田大学が2年連続1位、東海で名城大学が6年連続1位、関西で関西大学が15年連続1位となった。

 高校生の進学希望分野では、技術革新や理系人材への注目もあり、「工学(電気・電子・情報)」「工学(エネルギー)」「工学(機械)」といった工学系や、「生物・農・獣医・林産・水産」「薬学」といった理系分野の希望者が2年連続で増加した一方で、「観光・コミュニケーション・メディア」「外国語」などの分野はコロナ禍の影響もあり、2年連続で減少した。

早稲田&明治が不動の人気

 まず、関東の「志願したい大学」ランキングは以下の通りだ。

1位 早稲田大学
2位 明治大学
3位 青山学院大学
4位 立教大学
5位 慶応義塾大学
6位 中央大学
7位 日本大学
8位 法政大学
9位 千葉大学
10位 上智大学

 早稲田大学の1位と明治大学の2位は2年連続で、不動の人気といえる。男女別では、男子は3年連続で明治大学が1位、女子は4年ぶりに早稲田大学(昨年3位)が1位となった。また、文理別では、文系は早稲田大学(昨年3位)、理系は明治大学(昨年3位)が1位となっている。

「志願したい大学」早稲田&明治が圧倒的人気の裏で横浜国立大と埼玉大が躍進の理由の画像1
「進学ブランド力調査2022」リクルート進学総研調べ

 また、順位を5ランク以上上げた大学を見てみると、横浜国立大学(14位)が7ランク、埼玉大学(17位)が6ランク上げており、国公立の人気が高まっていることがうかがえる。

「関東では関西と比較して国公立大学が少ないため、ランクインすることはあまりありませんでした。しかし、コロナ禍の影響もあり、地元の国公立大学の志願度が向上している傾向にあります」(リクルート進学総研の小林浩所長)

 東海エリアでは、1位・名城大学、2位・名古屋大学、3位・南山大学。関西エリアでは、1位・関西大学、2位・近畿大学、3位は大阪市立大学と大阪府立大学が統合し、この春に開学した大阪公立大学となった。

「大阪公立大学は、統合により全学生数は約1万6000人となり、国公立大学としては大阪大学や東京大学に次いで3位です。今回の調査で高校生が寄せたコメントでも『学びたい学部学科がある』『これから発展していくことに期待したい』などがあり、期待値が高まっています」(同)

理系・工学分野の人気が上昇中

 今年のトレンドとして、年内の受験機会がさらに増え、コロナ禍による将来不安も続くため、学びの内容への意識が強くなっているという。たとえば、データサイエンスや工学など今後の成長が期待される分野で学部・学科の新設が増加しており、学生側も卒業後の進路イメージをより重視する傾向にあるという。

「進学希望分野では、技術革新や理系人材への注目を背景に工学、電気、電子、情報、エネルギーや機械などの理系分野、DX化を背景に文理融合・横断型が増加しています。こうした学部・学科を擁する大学は、これからランクが上がっていくのではないかと考えています」(同)

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合