NEW

人を惹きつける「魅力的な人」になるために必要なこととは

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,
『斎藤一人 魅力的な人になるためのヒント』(ぴあ刊)
『斎藤一人 魅力的な人になるためのヒント』(ぴあ刊)

 家柄や学歴などに関係なく人を惹きつけることができる魅力を持っている人は成功するもの。そして、人だけでなく、お金、運も引き寄せることができる。

 では、どうしたらそんな魅力のある人になることができるのだろうか。

 『斎藤一人 魅力的な人になるためのヒント』(ぴあ刊)は著者の斎藤一人氏が、時代が求める魅力的な人材像について様々な悩みに答えつつ伝授。魅力的な人になるための方法を教えてくれる一冊だ。

「愛のある言葉」と「愛のある顔」が自分を魅力的にさせる

 魅力のある人になるために必要なもの。それは「愛のある言葉」を話し、「愛のある顔」でいることだ。これさえ身につけていれば、多くの人に愛される人になれると斎藤氏は述べる。

 まずは、自分が魅力的だと思う人や憧れている人の外見や言葉づかい、表情を真似してみる。いいなと思うところを自分に少し取り入れてみるだけでも、変わってくるものだ。

 そして、「幸せだな」「ありがたいな」「今日は楽しい一日だったな」など、心が温かくなる「愛のある言葉」をたくさん口に出すことが大切。たとえそう思っていなくても、言葉として口に出すことで、そうした感情が沸いてくる。「愛のある顔」をすることも同じで、意識的に笑顔になることで心も楽しくなるという。

魅力的になるには、まず自分を大切にしよう

 魅力のある人は、他人を大事にする前に自分を大切にしている。だから、自分に対して愛のある言葉をかけ、寄り添ってあげることが必要だ。自分を癒す言葉をたくさん知っていれば、それが次は人を癒すことにつながる。

 また、愛のある言葉を自分にかけていれば、不思議と周囲のことが気にならなくなり、どんな場面でも自分だけは機嫌よくいられるようになる。魅力的になるには他人よりもまずは自分を愛することが大切なのだ。

 もし、ネガティブな言葉をつぶやいてしまったり、表情が硬くなってしまったりしているなら、見直してみよう。そして、「愛のある言葉」と「愛のある顔」を日頃から心掛けることで魅力的な人に近づいていけるはずだ。T・N/新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

新刊JP

新刊JP

書評や著者や編集者、書店へのインタビュー、出版業界の最新情報、読書を面白くする企画記事などを配信し、読者に「次に読む本」を見つけてもらうことをコンセプトとしたウェブメディア。

新刊JP公式サイト

Twitter:@sinkanjp

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合