NEW
近代皇室の恋愛と結婚を考える〜明治天皇から悠仁さままで〜 第3回

「男系男子」120年の呪縛…大正天皇婚約破棄騒動と、眞子さん皇室離脱劇をつなぐもの

文=小田部雄次/歴史学者
【この記事のキーワード】, , ,
「男系男子」120年の呪縛…大正天皇婚約破棄騒動と、眞子さま皇室離脱劇をつなぐものの画像1
第122代・明治天皇。15人の子に恵まれたが皇后との間には子はなく、嘉仁(よしひと)親王(後の大正天皇)も側室が産んだ。写真は1873(明治6)年に撮影されたもの。(画像はWikipediaより)

 明治天皇には公式に伝えられるだけで、5人の側室との間に15人の子どもがいた。子どものうち男子が5人、女子が10人だった。1889(明治22)年2月11日に公布された皇室典範(旧)の第一条「大日本国皇位は祖宗の皇統にして男系の男子之を継承す」の条文により、女子の皇位継承者は認められず、5人の男子にのみ皇位継承の資格があった。しかし、5人の男子のうち4人は早世し、明治天皇はその生涯で15人の子をなしながらも、その皇位を継承できる子はただ1人しかいなかった。

 ちなみに5人の側室は、葉室光子、橋本夏子、柳原愛子(やなぎわらなるこ)、千種任子(ちぐさことこ)、園祥子(そのさちこ)であった。これらの側室たちはすべて、旧公家の子女で、権典侍(園ははじめ権掌侍で、のち権典侍になる)という女官のなかでも最上層の高等女官たちであった。高等女官には尚侍、典侍、掌侍の階層があり、尚侍は欠員が多かった。また「権」には次位の意味があり、権典侍は典侍に次ぐ位置にあった。これら高等女官の下には、命婦(みょうぶ)、女嬬、茶汲、雑仕(ぞうし)など下働きの女官たちも数多くいた。しかし、命婦以下の女官が天皇の寝所に侍(はべ)ることはなかった。側室とはいえ、天皇の子をなすには、相応の身分階層の子女であることが求められていたのである。

皇后美子との間には子はなさなかった明治天皇…15人の子はみな、公家出身の側室が産んだ

 これらの側室たちがもうけた明治天皇の5人の男子は、長男が葉室との間の稚瑞照彦尊(わかみずてるひこのみこと)。次男と三男が柳原との間の建宮敬仁(たけのみやゆきひと)親王と明宮嘉仁(はるのみやよしひと)親王(のち大正天皇)。四男と五男が園との間の昭宮猷仁(あきのみやみちひと)親王と満宮輝仁(みつのみやてるひと)親王であった。そして、明宮以外はみな早世した。

 女子は、長女が橋本との間の稚高依姫尊(わかたかよりひめのみこと)。次女が柳原との間の梅宮薫子(うめのみやしげこ)内親王。三女と四女が千種との間の滋宮韶子(しげのみやあきこ)内親王と増宮章子(ますのみやふみこ)内親王。第五女以下第十女までが園との間の久宮静子(ひさのみやしずこ)内親王、常宮昌子(つねのみやまさこ)内親王、周宮房子(かねのみやふさこ)内親王、富美宮允子(ふみのみやのぶこ)内親王、泰宮聡子(やすのみやとしこ)内親王、貞宮多喜子(さだのみやたきこ)内親王であった。なお、常宮、周宮、富美宮、泰宮以外の6人の女子はみな早世した。また成人した4人の女子は、みな皇族に嫁いだ。

 つまり明治天皇の15人の子どものうち成人したのは、男子は明宮、女子は常宮、周宮、富美宮、泰宮の4名であり、明宮はのちに大正天皇、常宮は竹田宮恒久王妃、周宮は北白川宮成久王妃、富美宮は朝香宮鳩彦王妃、泰宮は東久邇宮稔彦王妃となったのである。

 なお、今日では考えられないことだが、皇后である美子(はるこ・昭憲皇太后)の子はひとりもいなかった。他方、先にも述べた通り明治天皇の15人の子どもたちの生母はみな、権典侍や権掌侍などの高等女官(側室)であった。また、子はなさなかったが、権典侍として明治天皇の寝所に侍った女官としては、ほかに小倉文子、姉小路(あねがこうじ)良子、西洞院成子(にしのとういんしげこ)、植松務子(としこ)らが知られる。これらの女官との間にも子ができていれば、明治天皇の子の数はさらに多かったろうし、あるいは男子も生まれたかもしれない。しかし、これだけの側室がおりながらも、天皇の直系の男子で成人したのは、明宮嘉仁1人だけだった。

側室の身分は皇后よりも低くなくてはならぬ、しかし低すぎてもだめである

 ついでながら、明治天皇の寝所に侍った権典侍たちは、全員、公家(堂上華族)で、伯爵家あるいは子爵の子女に限定されていた。皇后となる五摂家で公爵家よりは一段低いが、男爵や爵位のない一般平民階級よりは上位の家柄だった。側室は皇后より身分が高くては(あるいは同等でも)なれなかったし、低すぎてもなれなかった。側室にも身分上の制約があったのだ。

 余談だが、歴代の皇室にはいわゆる「ご落胤伝説」があり、明治天皇の場合も、民間で育った子がいるという説がある。みずから明治天皇の「ご落胤」を名乗る人物も現れ話題を集めたこともある。明治天皇の子でありながら、相手がしかるべき身分にない子女であったため、民間に預けられてしまったことはあり得なくはない。

 他方、側室であった千種任子の子は男であったが、宮中内で柳原との勢力争いを避けるため早世したことにして民間に預けたという説も聞いた。こうした「ご落胤」の真偽については諸説あるが、「閨(ねや)」のことは子をなした当人にしかわからないし、その事実の確認は難しい。

「男系男子」120年の呪縛…大正天皇婚約破棄騒動と、眞子さま皇室離脱劇をつなぐものの画像2
明治天皇の正室・美子(昭憲皇太后)。それまでの皇后は公の場に出ることも公務もなかったが、明治政府の意向で、欧州の皇后にならって医療や教育の奨励活動を手掛けるようになった。写真は1889年(明治22年)に撮影されたもの。(画像はWikipediaより)

「男系男子」120年の呪縛…大正天皇婚約破棄騒動と、眞子さん皇室離脱劇をつなぐもののページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!