宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」ニュース一覧

(44件)

コレステロール摂取は健康に影響せず、米国が発表…値が低いほど、がん死亡リスク増大か

コレステロールは悪者で、できるだけ食べ物から摂らないほうが良いと思っていません...

NEW

インフルエンザに治療薬はない?通院でかえって感染拡大や免疫力低下の恐れも

相変わらず猛威をふるっているインフルエンザ。今回は「インフルエンザの特効薬」と...

NEW

インフルエンザ、市販の風邪薬で重篤な副作用の危険…一部の解熱剤、子供の死亡リスクも

今年もインフルエンザが猛威をふるっています。国立感染症研究所の調査によると、2...

NEW

日焼け止め、その強力な毒性…皮膚がんの恐れ、精子減少や脳への悪影響が動物実験で判明

本連載前回記事では、日焼け止めについての基本的な解説をしました。今回は、日焼け...

NEW

日焼け止め、間違った使い方&選び方は危険!子供が使ってはいけない商品はコレ

梅雨明けが宣言され、今年もギラギラと太陽の光が降り注ぐ真夏がやってきました。夏...

NEW

胃腸の不調でがん、動脈硬化、認知症のリスク増…プチ断食、見た目の若さや健康に劇的効果

「いつも胃が重い」「すぐにお腹が痛くなる」「あまり食欲がない」こんな胃腸のお悩...

NEW

胃がん原因の98%・ピロリ菌、除菌で食道がんリスク増や必要な菌除去で腸内バランス崩壊も

胃がんは日本人に多いがんで、毎年約5万人が胃がん及び胃がん治療のための副作用に...

NEW

バリウム検査、なぜ発がんの危険&がん断定不可なのに実施?初めからピロリ検査しない事情

「ピロリ菌に感染していない人は、ほぼ胃がんにはなりません」「ほとんどの胃がんは...

NEW

高価な目薬=効果が高いとはいえず…開封1カ月以上だと激痛や雑菌感染の危険

花粉症、ドライアイ、疲れ目など、目のトラブルをかかえている方にとって、手軽に薬...

NEW

目薬、9割の人がやる「間違ったさし方」は危険!かえって悪化や失明寸前も

花粉症の目のかゆみをはじめ、疲れ目やドライアイなど、多くの方が“目のトラブル”...

NEW

高額目薬は無意味で危険?かえって角膜損傷や緑内障、ドライアイ悪化の恐れ

電車の中を見回すと、スマートフォン(スマホ)の画面を見ている人が半数以上で、座...

NEW

花粉症、肉・牛乳・砂糖菓子で悪化!食べるだけで治る「ごはん」!

昭和40年代以降、日本人の食生活の欧米化が進んだことで、肉類の摂取量が増えまし...

NEW

プロが選ぶよく効く花粉症薬!NGの薬!食べるだけで治る「米」、完全に治癒、眠気少

従来の花粉症への対処といえば、花粉が飛散する前から薬を飲み始めることで「予防的...

NEW

花粉症にはヨーグルトと洗顔が劇的効果?知られざる「良く効く」解消法はこれだ!

今年も花粉症の季節がやってきました。夏に「気温が高く」「日照時間が多く」「降水...

NEW

がん、すべて医師任せでよいのか?がん恐怖症候群蔓延、健常者の20倍の自殺率か

医師から「あなたは○○がんです」と告げられたら、ほとんどの人は大きな衝撃を受け...

NEW

なぜ多くの医師は、自身ががんになると抗がん剤を使わないのか

世界で初めて開発された抗がん剤は、マスタードガスから生まれました。第一次世界大...

NEW

抗がん剤でがん悪性化との米国調査報告…多量の肉や砂糖摂取が原因と指摘

本連載前回記事で説明したように、身体が万全の状態であれば、ナチュラルキラー(N...

NEW

がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い

現在、日本人の死因の1位はよく知られているとおり「がん」で、死亡者数のおよそ3...

NEW

ウコンなど「飲む前に飲む」系飲料の危険な副作用…知らぬ間に肝硬変や肝臓がんに

忘年会にクリスマス、そして年が明けて新年会。いよいよ飲み会シーズン突入ですね。...

NEW

抗菌・薬用石鹸等は人体に有害の危険?「抗菌効果高い証拠なし」として販売停止、米国で

9月2日、米国食品医薬品局(FDA)は、トリクロサン等19成分を含有する抗菌石...

NEW

パンやパスタ、牛乳中心の食事は危険!健康を害する可能性、米離れの甚大な悪影響

本連載前回記事において、「風土はフード」だと説明しました。農耕民族である日本人...

NEW

サプリ頼みは愚の骨頂&無意味?「人工的合成品」より食事による栄養摂取

「薬は怖いので飲みたくありません。サプリメントなら大丈夫ですよね?」このような...

NEW

夢のがん治療薬、重篤な副作用多発!死亡例や糖尿病で生涯注射が不可欠になる例も

日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落とします。日本人の死因...

NEW

画期的な薬が続出で命が救われる一方、その高額医療費を健常者が負担、国民皆保険崩壊も

日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落とすといわれています。...

NEW

画期的ながん治療薬、費用は1人年間3500万円!驚愕の高価格になる製薬業界の異常な慣習

日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落とすといわれています。...

NEW

劇的にがん患者の生存率を高める夢の新薬で、一部の人に重篤な糖尿病等の副作用発生!

日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落とすといわれています。...

NEW

がん細胞を死滅させる超画期的新薬が続々誕生…根治切除不能な悪性も治療

日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落とします。日本人の死因...

NEW

最も高い「がん消失」率のがん治療薬誕生!抗がん剤よりはるかに効く!根治切除不能でも治療

日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで命を落とすといわれています。...

NEW

【熊本地震】死者も出たエコノミー症候群の超簡単予防法!ふくらはぎを動かすだけ!

熊本県を中心に発生している地震により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ...

NEW

風邪薬は危険?四肢能力低下など重篤な副作用で死亡8例、かえって完治の妨げに

市販薬は「大衆薬」などとも呼ばれますが、正式には「一般用医薬品」といい、OTC...

NEW

「高血圧」のまやかし…低すぎる基準はデタラメ?降圧剤は脳梗塞や認知症のリスクも

高血圧症は、全国で約4000万人の患者がいると推定されており、日本最多の病気で...

NEW

蔓延する「ウソ」 新薬が危ない!深刻な副作用、既存薬をただ合体

本連載前回記事『薬の原価率はわずか1%で暴利?安価で危険な中国・韓国製が大量流...

NEW

薬の原価率はわずか1%で暴利?安価で危険な中国・韓国製が大量流通…

ジェネリック(後発薬)とは、特許が切れた薬(先発薬)のコピー商品のことで、特色...

NEW

あちこちにある消毒スプレーは危険!かえって菌侵入や皮膚炎、生体防御機能を殺す恐れ

日本人の清潔志向を象徴するのが、病院、公共施設、ホテル、介護施設などの入り口に...

NEW

「抗菌」家電&グッズは人体に危険!かえって乱用で強力な菌が繁殖する恐れ

抗菌グッズというのは、製品に各種の消毒剤や抗菌作用のある物質を混ぜて弱い殺菌能...

NEW

欧州で大量余剰のインフルエンザワクチン、日本が大量購入で853億円分の税金を無駄

日本人は世界保健機関(WHO)に絶対的な信頼を寄せています。インフルエンザに関...

NEW

インフルエンザにタミフルは効かない!高確率で嘔吐や精神障害 すでに欧米では利用わずか

今年もインフルエンザの季節がやってきました。ワクチンの値上げも話題になっていま...

NEW

やっぱりインフルエンザワクチンは無意味?かえって重篤な副作用の恐れ

「今年もインフルエンザが大流行」「新種が流行」「ワクチンが値上がり」「ワクチン...

NEW

危険な抗生物質乱用が横行!EUで死亡者急増、食肉にも大量に使用

朝晩だいぶ冷え込むようになり、もうすぐ風邪が本格的に流行する季節がやってきます...

NEW

骨粗しょう症の薬は無意味?骨が腐る危険?「寝たきりになる骨折」はこう防げ!

薬剤師の視点から、一番要らない薬をひとつだけ挙げるようにいわれれば、骨粗しょう...

NEW

降圧剤は要注意!安易な服用は命の危険?脳梗塞、認知症、意識障害の恐れも

降圧剤は、最も市場規模の大きい薬です。そのため何百種類もジェネリック【後発医薬...

NEW

風邪薬は飲んではいけない!海外では常識 恐怖の薬漬けスパイラルの入り口

5月21日付当サイト記事『薬4剤併用で命の危険 異常な薬漬けの日本人、副作用死...

NEW

薬4剤併用で命の危険 異常な薬漬けの日本人、副作用死は年10万人以上?

私たちが病院に行って身体の不調を訴えれば、医師から処方箋をもらって、調剤薬局で...

NEW

「よく効く新しい薬」は極めて危険?強烈な副作用、多数の死亡者発生のケースも

みなさんのなかには、医師から「新しく開発された薬」を勧められた経験のある人もい...

NEW