NEW

JRA新人騎手「騎乗停止6カ月?」に衝撃……猛省して先輩も慰め&「凹んでろ!」助言

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA新人騎手「騎乗停止6カ月?」に衝撃......猛省して先輩も慰め&「凹んでろ!」助言の画像1

「トレセンの調教に出てきて汗を流していますが、さすがに気まずいんでしょうね。これまでならば稽古の合間に記者や調教師がいるスタンドに姿を見せていたんですが、いまは厩舎内で大人しくしているようです」(競馬記者)

 13日に新潟競馬場で行われた第6R(3歳上・500万下)で、「競走距離を誤認」したルーキーの山田敬士騎手。

 コースを約1周半するダート2500m戦だったにもかかわらず、最初の4コーナーでなぜか騎乗していたペイシャエリートにムチを入れて、後続を突き放して全速力で”ゴール”。その後、ウイニングランをするかのように馬場中央から外に馬を誘導していた。しかし、しばらくして間違いだったことに気づき、レースに復帰したものの大差の最下位。山田騎手には即日、騎乗停止処分が下された。

「山田騎手がヤラカした新潟2500mは、使用頻度が非常に少なく毎年秋の開催で2レースしか行われないレアなコース。ですが、だからといって距離を間違えていいわけではないのは当然。

 24日にこの件に関する1回目の裁定委員会が開催されました。今後は山田騎手に弁明の機会を付与したうえで、その後開かれる第2回裁定委員会において最終的な処分が決まるとのこと。関係者の間では3カ月~6カ月の騎乗停止になるのではないかと見られています。騎手の先輩たちも『半年も乗れないと思っていた方が、処分が決定した時に気持ちが楽!』と本人に伝えているようですね」(競馬誌ライター)

 距離誤認後はネット上でも大いに批判された山田騎手。もちろん関係者たちからも大目玉を食らい、一時は見ていて痛々しいほど落ち込んでいたという。

JRA新人騎手「騎乗停止6カ月?」に衝撃……猛省して先輩も慰め&「凹んでろ!」助言のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!