NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(5月第4週)

「今、投資!?」「今こそ公務員!?」で、企画力に差が出て「東洋経済」に軍配!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_159.jpg
(左)「週刊東洋経済 5/26号」
(右)「週刊ダイヤモンド 5/26号」

 毎日の仕事に忙殺されて雑誌を読む間もないビジネスマン必読! 2大週刊経済誌「週刊東洋経済」と「週刊ダイヤモンド」を比べ読み。小難しい特集を裏読みしつつツッコミを入れ、最新の経済動向をピックアップする!

 今週号の経済2誌ははっきりとタイムリーさ、ちゃんとした取材をしたかどうかの差が読み応えに大きく出た。

 残念だったのは「週刊ダイヤモンド 5/26 号」。大特集は『老後難民にならない! 資産運用の鉄則』。タイトルだけを見ると「老後難民」というキーワードから、AIJ投資顧問の企業年金基金問題や、無年金問題、孤独死など社会派の取材ネタも入っているのかと思いきや、さにあらず。まったくそうした取材はなし。「今の40代は60代で『親の介護』『子の教育費』『自分の老後』の出費という三重苦になる」「60歳のときに3000万円あったとしても資産運用をしなければ、77.5歳で底をつく」といったフィデリティ退職・投資教育研究所のデータに丸乗り。資産運用をしなければ老後に困りますよ、という警告なのだが、データも2010年のもので、それほど目新しい内容ではない。
 
 たしかに「銀行・証券マンのセールストークにだまされるな」といった投資上の注意点も書いている。とくに目新しいのは悪評高い毎月分配型投資信託の記述だ。「毎月分配型の投資信託は投資元本を取り崩すタコ足配当が多い。このため、この2月から『特別分配金』と表記していた元本取り崩し分を、『元本払戻金』と表記するよう変更された」というニュースは知っておきたい。ただし、2カ月前の「週刊東洋経済 3/3号」の特集『親子で挑む資産運用』のほうが、通貨選択型の投信を勧めてくる店頭調査なども行い、ガッチリとした取材をしていて読み応えがあったのと比べると、弱い。

 ダイヤモンド編集部としては、今週の自信作は『60歳までに3000万円つくる!年代別ポートフォリオモデル』のようだ。30代、40代、50代ごとに、運用開始時の元本、毎月の積立額を基にした日本債券、日本株式、外国債券、外国株式への長期・分散投資のポートフォリオを作成し紹介している。

 ただし、50代になってリスクの少ない投資の場合には日本債券中心、リターンを増やしたい30代には外国投資中心という、投資のセオリー通りのポートフォリオが組まれているだけで目新しさゼロだ。なかでも、50代となると、安定的な投資先として日本債券(国債)が中心となったポートフォリオになっているが、この特集の冒頭では「誤解3 日本市場に投資していれば安全」として、日本の国債が破綻するリスクについて、悪夢のシナリオを紹介していたのではなかったか? ダイヤモンド編集部は、日本国債破綻する派なのかしない派なのか? しかもその破綻の規模・影響は? といったことがしっかりとしていないので特集の足元がおぼつかない。