NEW
カスペルスキー アンチウイルス 2011 for Mac MP1CF2

【PR】最新Mac OS対応のアンチウィルスソフト誕生!

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(東京都千代田区、代表取締役社長 川合 林太郎、以下、カスペルスキー)は、カスペルスキー アンチウイルス 2011 for Mac MP1CF2 (ビルド 8.1.4.86)をリリースしました。

 カスペルスキー アンチウイルス 2011 for Macは、常に変化するインターネットの脅威からコンピュータを保護するセキュリティ製品です。日々増加するMacを狙った脅威から音楽データ・画像・個人情報などの大切な情報を徹底保護します。また、Macを狙った脅威だけでなく、WindowsやLinuxを標的にした脅威もしっかり検知し、Mac以外のユーザーに感染を広める被害も未然に防ぎます。

洗練されたユーザビリティ

 新しくリリースされたカスペルスキー アンチウイルス 2011 for Mac MP1CF2 (ビルド 8.1.4.86)では、これまでのカスペルスキー アンチウイルス 2011 for Mac(ビルド 8.0.6.873)と比較して、以下の点が修正されました。

修正された問題点

・名前に Unicode 文字を含むフォルダに更新をコピーする際のエラー
・名前に Unicode 文字を含むフォルダを信頼ゾーンに追加する際のエラー
・スキャンされるオブジェクトの名前に Unicode 文字が含まれる場合、レポートウィンドウ内のスキャン結果が正しく表示されない問題
・Firefox用のプラグインが正しくインストールできない問題
・カスペルスキー アンチウイルス 2011 for Mac の起動時に、ファイアウォールによりオープンポートに関する警告が表示される問題
・安定性に関する問題
・ローカリゼーションに関する問題

新機能および改善点

・OS X 10.8 (Mountain Lion) に対応しました。
・Firefox向けプラグインが Firefox4 に対応しました。
・Kaspersky Security Network でのクラウド技術の採用により、新出の脅威に対するプロテクション性能が向上し、誤検知の危険性を最小限に抑えます。
・Safari 5、Google Chrome 6、および Firefox 4 などのブラウザ向けのプラグインを採用し、危険なサイトやフィッシングサイトからの保護を行います。
・ヒューリスティック分析により、未知の脅威からの保護を実現します。
・Time Machine使用時のパフォーマンスが大きく改善されました。
・アプリケーションのインターフェイスを刷新しました。
・バッテリー電源使用中のアプリケーションの動作が最適化されました。

今すぐアップグレード
http://www.kasperskystore.jp/support/upgrade/2011/kavmac2011.html

アプリケーション情報
http://www.kaspersky.co.jp/kaspersky-anti-virus-for-mac

詳細情報
http://support.kaspersky.co.jp/kavmac2011

【Kaspersky Lab について(http://www.kaspersky.co.jp/)】

 Kaspersky Labは、世界最大の株式非公開のエンドポイント保護ソリューションベンダーです。同社はエンドポイント向けセキュリティソリューションにおいて全世界でトップ4(※1)にランクインしています。Kaspersky Labは15年間にわたり、ITセキュリティ市場でイノベーターとして、効果的なデジタルセキュリティソリューションを個人および法人向けに提供しています。同社は現在、およそ200の国と地域で営業活動を行っており、全世界で3億人を超えるユーザーの保護を行っています。詳細については http://www.kaspersky.co.jp/ をご覧ください。

【※1】Kaspersky Labは、IDCのWorldwide Endpoint Security Revenue by Vendor, 2010(エンドポイントセキュリティ世界市場ベンダー別 – 2010年)で4位にランクされました。このランキングは、2011年12月に出版されたIDCレポート“Worldwide IT Security Products 2011-2015 Forecast and 2010 Vendor Shares”(世界におけるITセキュリティ製品市場:2011年~2015年の予測と2010年のベンダーシェア)に掲載されました。このレポートは、2010年のエンドポイントセキュリティソリューションの販売による収益からソフトウェアベンダーを評価する(ランキングする)ものです。