NEW
【報道ピックアップ】「会話についていけなくなる前に」(9月16日)

出来レースだった!? 選手会が一転WBCへの参加を決めた舞台裏

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
basebal0914.jpg
(「flickr」より)

日々忙しいビジネスマン&ウーマンに代わり、世に溢れるメディアの中から、知れば“絶対に”人に話したくなる報道や記事を紹介。日常でなんとなく耳にするあのニュース・情報の裏側や、テレビなどでは報じられないタブーに迫ります!

【今回ピックアップする記事】
『WBC逆転出場に最後まで反対したイケメン弁護士のパフォーマンス』
(週刊文春<文藝春秋/9月13日号>)

 今月4日に、来年3月から開催予定の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に、労組日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神タイガース)が、不参加の決議を撤回し、大会に参加することを表明しました。選手会は、日本代表チーム「侍ジャパン」のスポンサー権が日本野球機構(NPB)に認められたことと、NPBがライセンス権の管理を約束したことを理由に参加を決めたようで、新井会長は「選手会が主張したことがおおむね実現した。選手全員で決めた」同日行われた記者会見で語っていました。

 このニュースを聞いた時、思わずイスから落ちそうになりました。

 そもそも、今回選手会が「不参加表明」した理由は、WBCを主催する「WBCI」に対する収益の分配率の見直しなどの契約の再考だったと思います。しかし、結果的にはそこの契約条件は「何ひとつ」変わっていません。

 こういう国際大会を開催すると、「放映権」とか「グッズの販売権」とか、様々な利権が発生します。「WBCI」は参加国に対して、これらの権利を全て放棄する事を条件としています。そして全ての収益は、一旦「WBCI」にプールされてから再分配される仕組みになっているんです。

 その「分配率」がおかしいというのが選手会の主張だったはず(ちなみに、第2回大会の分配率はと言うと、2連覇した日本は「13%」、サクッと負けて大会を盛り上げることもなかった米国が「66%」。......う~ん、この分配率は意味不明です)。しかも、日本企業から、相当なスポンサー費が支払われているにもかかわらずです。

 もう一度言います。選手会が不参加表明した理由は、この「分配率」がおかしいという主張だったはず。

 そして今回、選手会が譲歩するに至った理由は、日本代表チーム「侍ジャパン」を常設化して、「侍ジャパン」のライセンス管理をNPBが行えるってだけ......。WBCの収益の分配構造、分配率に関しては一切変更されていません。それにも関わらず、新井会長の「選手会が主張したことがおおむね実現した」という発言を聞けば、「アホなの?」って言いたくなりませんか? ......まぁ、1000歩譲って大人の対応をしたと考えても、良い判断じゃないと思います。

 そもそも、選手会は本気で「WBCI」に対して戦いを挑んだのでしょうか?

「文春」によると、そのカギを握る人物が選手会側の顧問弁護士である石渡進介氏。選手会のボイコット決議も、この石渡弁護士が主導したと言われています。この石渡弁護士は、民主党の事業仕分けで仕分け人に選出され、昨年の東日本大震災によるプロ野球の開幕問題では、読売ジャイアンツ・渡辺恒雄会長と全面対決した際に民主党との太いパイプを使い、文科省の役員を巻き込んで完全勝利を勝ち取った人物......要は、武闘派なんです。

 この石渡弁護士のおかげで(本当はするつもりもなかった)ボイコット宣言をし、事が大きくなったのを見て、選手会は内心ドキドキものだったかもしれません。ボイコット宣言直後には、今回出場が有力視されている、広島カープ・前田健太投手や西武ライオンズ・中村剛也選手らは、「残念です」とうなだれるばかり......。まぁ、メジャーに行きたい選手たちからすると、WBCはメジャーリーグに行くための品評会という意味合いもありますから、権利がどうのとか関係なく参加して出場したいと考えているはずです。

『マネーボール』


野球もビジネスです

amazon_associate_logo.jpg