NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(10月第4週)

就職超氷河期に就職率100%の大学も! 本当に進学すべき大学

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_921.jpg
(左)東洋経済10/27号
(右)週刊ダイヤモンド10/27号

「週刊ダイヤモンド 10/27号」の特集は、『頼れる病院 消える病院』。こちらもなんと『特別保存版 全国1196病院都道府県別ランキング』を掲載しているのだ。こちらは「医療の機能」と「経営状態」を指数化したランキングで、全国での売上アップを狙う。

 総合ランキングの1位は横浜市立大学市民総合医療センター、2位・広島大学病院、同率2位・聖路加国際病院(東京都)、同率2位・東海大学病院(神奈川県)、5位・関西医科大学枚方病院、同率5位・済生会熊本病院、同率5位・順天堂大学順天堂病院(東京都)と続く。やはり、病床数や医師、看護師の数が多く、設備が充実している大学病院が上位になった。

 民間病院に限ったランキングでは、1位・聖路加国際病院、2位・川崎幸病院、3位・手稲渓仁会病院(北海道)、4位・倉敷中央病院、同率4位・府中病院(大阪府)、6位・亀田総合病院(千葉県)、同率6位・高槻病院、同率6位・湘南鎌倉総合病院と続く。

 ブランド病院の代表・聖路加に続くのは、病院グループの中核病院ばかりだ。2位の川崎幸病院は石心会グループ。3位の手稲渓仁会病院はセコム医療システム提携病院グループ。4位の府中病院は生長会グループ。6位の湘南鎌倉総合病院は日本最大の病院グループである徳洲会の主要病院だ。病院はグループが進んでおり、スケールメリットをいかした合理化経営によって徳洲会はなんと利益率2ケタをたたき出しているほどだ。

 今回の売りは『都道府県別 全国1196病院 頼れる病院ランキング』だ。毎年恒例となっているこの企画は、医療機能の指標に4つの経営指標を加えて、総合的に「頼れる病院」を評価しているのだ。あなたが住む地域の「頼れる病院」はどこなのか? という視点での企画なのだが、しかし、都道府県別というくくりだけのランキングでさらに各病院の住所がまったく書かれていないので、不親切。そのエリアに土地勘がないものが見ても、地図を掲載して、その地図にマッピングをし、偏在しているかどうかなどがわかるような工夫がほしいところだった。

 そういった意味では、各大学の住所までしっかりと載せている東洋経済の大学四季報が読みやすい。次回は東洋経済の病院四季報に期待したい。今回は四季報ブランドを持ち、マニアックな東洋経済に軍配があがる。

●石原新党スポンサーの現在

 ダイヤモンドの記事で“期せずして”好タイミングな記事になったのが、「巨大病院グループ トップ群像 インタビュー」だ。病院はなぜ大型化するのか。大型化は患者に何をもたらすのか。国内病院グループの2強である徳洲会グループと中央医科3グループのそれぞれのトップに大型化の意味を問うた記事だ。
『週刊 東洋経済 2012年 10/27号』


名前に頼らないいい大学はどこ。

amazon_associate_logo.jpg

『週刊 ダイヤモンド 2012年 10/27号』


ガンダムみたいな表紙。

amazon_associate_logo.jpg