NEW
ビジネスマンを惑わす、自己啓発のウソ・ホント 第2回

一ダンサーだったFATIMATAは、なぜEXILEと共演する一流になれた?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト「FATIMATAの“Tangana World”」より
 出版不況の最中、堅調な売り上げを続けているのがビジネスマンなどに向けた「自己啓発本」というジャンル。「成功するための秘訣」が収められた本を繰り返し読んでは、いつまでたっても成功しない自分に不甲斐なさを感じている人は少なくないはずだ。変わらない自分のどこに問題があるのか?

 そこで、自己啓発理論を研究しつくしたビジネス・プロデューサーの鈴木領一氏が「自己啓発」「能力開発」の本質をレクチャー。話題の最新刊『100の結果を引き寄せる1%アクション』のエッセンスを交えながら、「自分が求める成果を出すために、本当にやるべきこと」をお伝えする――。

 前回、「ポジティブ思考が成功を導く、のウソ」というテーマで、ポジティブ思考が必ずしも成功を導くわけではないことを書きました(前回記事参照)。「潜在的思考=フレーム」が常にポジティブ思考よりも優位に働くため、フレームを変えない限り、ポジティブ思考も効果を発揮できないのです。

 今回も自己啓発本でよくみられる「あっという間に自分が変わる」ということが本当にあるか、というポイントについて解説したいと思います。

 結論は、もちろんNOです。厳密にいえば、条件付きでNOです。

 人が急激に変わってしまうことは現実にあります。しかし、極めてレアケースです。例えば、事故に遭ったとか、大病を患ったというケースです。

 人は予期しない大きな出来事が起きると、これまでの思考習慣を強制的に変えざるをえなくなります。私の知人で心臓の大手術をした後に、別人のように性格が変化した人がいますが、この知人のケースがまさにレアケースに当たります。

 しかし、ほとんどの人にとって予期せぬ出来事を自分の意志で起こすことはありえないわけで、急激に自分を変化させることはできないのです。

●「自分を変える方法」はあるのか?

「電力の鬼」といわれた実業家・松永安左エ門は、次のような名言を残しています。

「大成するためには、長い闘病生活、長い浪人生活、長い牢獄生活の三つを経験しなければならない」

 大きな逆境を体験すれ、それを乗り越えれば人として大きくなる、ということを松永安左エ門は述べたわけです。確かにこれらの逆境は人を大きく成長させてくれます。

 一代で売上1兆円を超える企業グループを形成したCSK創業者の故・大川功氏は、大学を卒業後に結核にかかり8年間も療養生活を余儀なくされました。毎日寝てばかりで地獄のようだったそうです。当時は絶対治らないといわれた病気でしたが奇跡的に回復し、その後、8年間の悔しさから、自分の可能性をすべて試すように何でもどん欲に挑戦しはじめます。そして紆余曲折を経て、42歳の時にCSKを創業したのです。

 大きな逆境は形を変えた祝福といえますが、多くの人にとってそれを待つわけにいきません。ましてや怪しげな自己啓発本に書かれているように「一瞬で変わる」ということはありえないのです。もし本当なら、大変危険な方法です。

 では「自分が変わる」方法はあるのでしょうか? それに対しての答えはYESです。あっという間に変わるという方法ではなく、ゆっくり変わる方法があります。それが1%アクションです。

 前回ご紹介した「フレーム」は、私たちの思考の奥底=潜在意識レベルで発動しているため、ほとんどの人はその存在すら自覚することはできません。毎日会社に行くというフレーム、同僚が会社に残っているから残業するというフレーム、会社を辞めたら生きていけないと考えるフレームなど、あなたを無意識に縛るフレームは無数で、一つのフレームを変化させても、関連するフレームが元に戻そうと働きかけ、あなたを昨日と同じあなたにとどめてしまいます。

『100の結果を引き寄せる1%アクション』


最小のアクションで最大のパフォーマンスを!

amazon_associate_logo.jpg