NEW
牛窪恵の女ゴコロがブームをつくる!第8回「男いらずのバレンタイン」

バレンタインに異変? 友チョコ、ファミチョコ、豪華女子会で男いらず?

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系列)などでおなじみの世代・トレンド評論家、牛窪恵氏。本連載では、8月23日に『男女1100人の「キズナ系親孝行、始めました。」』(河出書房新社)も出版した牛窪氏が毎回、賢くも楽しく生きる女子たちの“生態”を通じて、彼女たちが新しいマーケットやブームをつくりだしていく現実と可能性について探る。日本の将来は、女ゴコロしだい!?

 バレンタインデーといえば、かつては若い女性が、恋人、または片思いの男性のために、胸ときめかせてチョコレートをプレゼントする日だったはず。

 ところが昨今、「バレンタイン革命」が起きている。

 まず、ここ数年、彼チョコより“マイチョコ”と称したご褒美チョコや、女友達への“友チョコ”が売れているのは、すでにご存じだろう。

 マイチョコブームを牽引したのは、百貨店の伊勢丹新宿店

 同店でバレンタイン直前に行われるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」には毎年、世界各国から「イケメン・ショコラティエ」が訪れる。

usikubo_bare01.jpg
(イケメン・ショコラティエが人気の「サロン・デュ・ショコラ」のサイト)

 例年欠かさず行くという、派遣社員のA子さん(20代)は、

「バレンタイン前、ここに来れば“観賞用”のメンズ(ショコラティエ)に会える。美味しいチョコを買って、イケメンに癒やされるなんて、サイコーでしょ」

と満足げだ。

usikubo_bare02.jpg
(今年の「サロン・デュ・ショコラ」に出店したショコラティエ
アルノー・ラエール氏による「クールアマンド」。
1個300円以上する高級チョコは、OLのマイチョコとして人気)

 また、マイチョコと並んで数年前から流行しているのが、女子中学生、高校生らを中心に火がついた“友チョコ”ブーム。

 江崎グリコのポッキーに「ありがと」「大好き!」などの文字をデコって女友達に渡すデコポッキーは、「友情の証し」「バロメーター」ともされ、一躍メジャーになった。

usikubo_bare03.jpg
江崎グリコ「デコポッキー」のサイト)

 同社・広報担当の山本京子さんによると、「実はデコポッキーを最初に思いついたのは、弊社ではなく、10代後半の女性たちです」とのこと。

 江崎グリコは数年前から、ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)などで、女子高校生が発信するデコポッキーが紹介されている様子をキャッチ。彼女たちにヒアリングし、あらためて「こうやって作ろう」など、提案を始めたという。