NEW
鮫肌文殊と山名宏和、と林賢一の「だから直接聞いてみた」 for ビジネス

ルノアールの素晴らしき従業員教育の賜物 絶妙なタイミングでお茶が出てくるワケ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(「銀座ルノアール HP」より)
人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。月刊誌「サイゾー」で連載されていた同企画(宝島社より単行本となって発売中!)が、ビジネスジャーナルにて復活!

 今週は林賢一氏が、ルノアールに行ったことがある人ならおなじみの“お茶サービス”とそのタイミングについて、じっくり問い合わせてみた!

[回答者]銀座ルノアール本社 様

 ルノアールは安定感がある。

 なんの安定感かというと、喫茶店としてのトータルバランスである。

 例えば、机の広さ。ルノアールの机は、良い感じにパソコンで仕事できるスペースがある。例えば、椅子の快適さ。座席も、長時間座っていても疲れない気がする。

 それに比べると、ドトールは机が狭かったり、スターバックスはいつも混んでいて座れなかったりと、トータルバランスを考えるとルノアールに軍配が上がる結果になってしまう。

 だからして、仕事であれ、読書であれ、ただの時間つぶしであれ、どの喫茶店にしようかと迷ったらルノアールを選べば間違いがない。どんな用途でもぴったりはまってくれるのがルノアールなのだ。

 皆さんご存じだとは思うが、ルノアールにはこんな武器もある。途中でお茶が出てくる。これはありがたい。

 コーヒーを注文した後……お茶が出てくる。

 ココアを注文した後……お茶が出てくる。

 そろそろ帰ろうかなと思ったら……お茶が出てくる。

 ドリンク注文後にさらにドリンクが出てくるわけで、1杯の値段で2杯飲めることから、なぜか2倍得した気になってしまうのは私だけだろうか?

 だが、ふと気になった。

 お茶が出てくるタイミングに法則はあるのだろうか?

 これまでを振り返ってみると、コーヒーを飲み終わった頃にお茶が出てきたような気もするし、コーヒー飲んでいる最中にお茶が出てきたような気もする。お茶タイミングはいつなんだ? 気になる。

 そこで【銀座ルノアール本社】に直接聞いてみた。

「お茶をサービスしてもらえますが、あれって提供するタイミングに法則があるんですか?」

担当者 (とても真面目そうなしゃべり方で)そうですね、お飲み物が半分ほどになったら、という目安がございます。

──(驚)えー。そうなんですか! それが決まりみたいになってるんですか?

担当者 その場その場でまた変わってくるんですけれど、基本的にはそのタイミングでの提供になっております。

──従業員さんにも、そのように教えているんですか?

担当者 そうですね、はい。

──「飲み物が半分になったかな?」と従業員さんが見て、各々判断するってことですよね?

担当者 そうですね。その場で、はい。

──あの、たまにお茶が出てこない時があるんですが、あれは何か法則があるんですか?