NEW
IGPIパートナー塩野誠「The Critical Success Factors Vol.11」

人材のプロが新入社員へ送る「事故った時に周囲に助けられる人/見捨てられる人」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者・塩野誠氏
 ゴールドマン・サックス、ベイン&カンパニーなどの複数の外資系金融機関やコンサルティング会社を経て、ライブドア時代にはあのニッポン放送買収を担当し、ライブドア証券副社長に就任。現在は、経営共創基盤(IGPI)でパートナー/マネージングディレクターとして企業の事業開発、危機管理、M&Aアドバイザリーに従事するのが、塩野誠氏である。そんな塩野氏が、ビジネスのインフォメーション(情報)をインサイト(洞察)に変えるプロの視点を提供する。

 春の陽気の中、就活生や新入社員とおぼしき人たちを見ていろいろと考えます。筆者は採用も担当していますし、キャリア相談のような連載もしており、社会人前後の方々と話す機会はそれなりにありますが、今回は社会に出て少し経った“おっさん”からのメッセージを書いておこうと思います。なので、すでに社会でご活躍されている方は読まないでください。

 まず自分も含め、いろんなことは現場で経験しないとわからないものだと思います。よりストレートには、「痛み」を経験しないとなかなかわからないという意味です。普段はクールに装っている人でも、病気になったり、破産しそうになったり、逮捕されそうになったりするとだいたい慌てるものです。やはり、自分の身に何か降りかかってはじめて、色々なことが理解できます。

 新卒採用で面接をしていて、「どんなところ志望してるの?」と聞くと、かなりの頻度で、あまりその人に向いてなさそうな職種が返ってきます。学生のほうが自分のことをわかっていると思うことは、かなりレアです。しかし、大人である筆者はそんなに優しくないので「そうなんですか、がんばってください!」と答えます。こういうのは本人が就職して、向き不向きに気がつかないとなかなかわからないというのが最近の結論です。

 筆者は職業柄、それなりに多くの業種を見ていますが、キャラ的に業界に合わなそうな学生が「商社第一志望です!」とか「マスコミを目指しています!」という場面にはよく遭遇します。こうしたミスマッチはよくありますが、今ではしょうがないかなと思っています。ソーシャルメディアではどんな会社の内部情報も探せば出てくる中で、まだまだ学生のほうに勘違いやミスマッチがあるのは不思議です。

 これだけ不確実性の高まった世の中では、一生同じ会社に勤めることも少ないでしょうし、就職して自分なりにがんばって、それでも向いてないと気がついたら辞めましょう。社会に出たら誰も自分の心や体の健康を守ってくれる人はいません、自分を守れるのは自分だけです。

 会社に入ってしまった新入社員の方々へのメッセージですが、まずはしっかり周りを観察しましょう。大きくても小さくても「組織」というものの観察は面白いものです。そのうち気づくと思いますが、有名企業、一流とされる企業でも色々と適当で不思議なことがあります。例えば、大学だったら1年生と3年生ではかなりの違いがあると思いますが、会社に入ったら学校のように数年で終わるわけではなく、数十年の期間での生活になります。上司たちが「それはもうちょっと時間をかけて考えてみよう」と言って何も起こらずに時が流れても、時が流れること自体に意味があって、「時が流れたからそろそろ決めよう」なんてことが起きます。学生時代は数カ月ごとに変化があったかもしれませんが、仕事では半年、数年がかりの案件があったりするのが普通です。

 新入社員のみなさんが会社という組織を観察していると、不思議なことがたくさんあるかもしれませんが、物事には原因や個人のインセンティブがあるものです。AさんとBさんが社内ですれ違って挨拶もしないのは、過去の案件で何かあったせいでしょうし、Aさんが「あいつには困ったもんだよ」と部下を批判するのは、部下のほうがAさんよりずっと優秀なせいかもしれません。そうこうしていると、意外と会社での月日は流れていってしまい、気づいたら筆者のように“おっさん”になってしまっている場合もしばしばあります。

●仕事に没頭できる期間は結構少ない?

 ひとつ言えるのは、「死ぬほど仕事ができる期間は意外と短い」ということです。「死ぬほど勉強ができるような期間は意外と短い」でもいいでしょう。つまり体力、気力、そして素直さもあって、仕事に没頭できるような期間は短いものです。体力は30代くらいからどんどん落ちていきますし、下手なプライドや贅肉はどんどんついていきます。30歳過ぎくらいから結婚や家族のケアといったライフイベントも始まることでしょう。そうすると、仕事や、仕事に必要な勉強に没頭できる期間は結構ありません。気づいた時には遅いので申し上げておきます。