NEW
週刊誌早読み 6月6日発売(6月13日号)

山岸舞彩アナへセクハラ報道の日テレPは常習犯?ZERO八木アナとは不倫疑惑

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『山岸舞彩 2013カレンダー』(トライエックス)
 本日(6月6日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月13日号)が、ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のプロデューサーによる、同番組キャスター・山岸舞彩らへのセクハラ問題を追及している。

 当サイトの姉妹サイトである「日刊サイゾー」が先月16日に掲載した記事に端を発する、人気キャスター・山岸も巻き込んだ今回のセクハラ疑惑。6月1日には、同番組プロデューサーが更迭される事態にまで発展した。

「日刊サイゾー」の記事によると、局内表彰の常連で出世街道を歩み、妻子持ちで湾岸エリアの高層マンションに住む、まさに“イケてる”プロデューサーの山崎大介氏が、山岸の番組出演日には、彼女にピッタリとくっついて行動し、メイクルームや衣装チェックの楽屋にまで侵入。しかし、番組開始から2週間を過ぎた頃から山崎氏は、山岸を完全に無視するようになっていったという。というのも、山崎氏から連日山岸へ「2人だけの打ち合わせ」や「2人だけの反省会」の誘いのメールが届くも、山岸が断り続けたからだという。

 これまでにも山崎氏は、局員や制作会社を問わず新人女性スタッフが加わると、手当たり次第にメールをし誘っていたという。さらに誘いを断った女性には大量の仕事を押し付けたり、人前で大声で怒鳴ったりとパワハラともいえる行為をし、中にはノイローゼになり転職した女性もいるという。
 
 こうした報道に対し、今月3日に都内で行われた発表会に出席した山岸は「他の方がどういう風に考えるかは別にして、私自身がセクハラを受けた認識はなかった」とセクハラ疑惑を否定。さらに「不本意です。日本テレビや『NEWS ZERO』の方も、私の話を真摯に聞いてくれて、対応に感謝します」と語った。

 文春の記事では山崎氏について「ファッションやヘアスタイルは一見売れないミュージシャン風ですが、当人はイケてると思っている」。また「上司に媚び、部下や目下の人間には、たとえ年上だろうが威張り腐るタイプで、人望はなかった」と関係者が酷評している。しかし、上司に媚びる姿勢が功を奏したのか「今や音楽業界、芸能界の人脈は随一で、報道局には欠かせない存在」だったという。

 さらに記事によれば、『NEWS ZERO』金曜日担当サブキャスターを務める八木早希に対する山崎氏の寵愛ぶりは有名で、「山崎氏と八木が2人で帰るところや、オフのツーショットも目撃されている」と2人の不倫疑惑にまで言及している。

 今回の山崎氏の行為は局内で問題視され、山崎氏は6月1日付で報道局勤務のままプロデューサー職を解かれている。これに対して日本テレビは「一般社員に関する個別のご質問にはお答えしておりません」とコメントし詳細を語ろうとしないが、そもそも同局には山崎氏への管理責任はないのだろうか。

 ある弁護士によると「例えば、取材活動中など業務中の事故や不法行為であれば、企業としての責任を問われることはあるでしょう。しかし、抱きつくなどの強制わいせつに当たるものは別とし、セクハラやパワハラは社内での処分のみで、企業としての責任を問われることはあまりない」という。

 日本テレビは、昨年6月に馬場典子アナがプライベートで行った海外旅行の費用をめぐって横領疑惑を文春に報じられ、会社自体も2年間で約1億5000万円の申告漏れを東京国税局に指摘されたと、先月3日に報道されたばかりだ。
 
 日本の放送局は2008年に放送免許の事実上の更新を受けているが、公共の電波を預かる立場として、モラルを欠いた企業に対しては、更新停止の処分が出てもおかしくないはず……と思うのだが、時の権力と癒着し続けるテレビ局にそんな事態は起きそうにもない。
(文=本多カツヒロ)