NEW

ローランド、創業者が突然のMBOに猛反発「ファンドによる乗っ取り」株主に不利益も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梯郁太郎氏が理事長を務めるローランド芸術文化振興財団のHP
 電子楽器の老舗・ローランドが、全株主から全株式をTOB(株式公開買い付け)により買い取り、上場を廃止することを5月14日に表明してから約3週間が経過した。ローランド代表の三木純一氏が代表を務める常若コーポレーションというペーパーカンパニーで買い取り資金を調達するので、形式上は経営陣が自社を買収するMBO(マネジメントバイアウト)となる。

 だが、必要資金417億円のうち、りそな銀行からの借入が325億円で、残る110億円は同社の第2位株主であるTAIYOファンドから調達する。常若コーポレーションもTAIYOの100%出資で設立されているので実質、TAIYOによる買収と考えていい。

 これに猛反発しているのが、ローランド創業者の梯郁太郎氏(84)。電子楽器事業とコンピューター周辺機器事業の2つの事業を育て、前者を手掛けるローランドを1989年、後者を手掛けるローランドDGを2000年に上場させている。電子楽器の世界ではカリスマ的存在で、電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格・MIDIのシステムコンセプトを当時の同社技術者とともに作成。MIDI制定に多大な貢献を果たしたとして、13年2月にグラミー技術賞を受賞している。

 ローランド上場から5年後の94年9月、個人所有の株式を寄付するかたちでローランド芸術文化振興財団を設立し、その半年後の95年4月に代表取締役会長に退き、DGの上場から半年後の01年4月には代表権も返上して特別顧問に。その職も12年10月に退き、昨年3月には前年から務めていた社内カンパニーの会長職と台湾現法の役員も退き、ローランドグループのすべての役職を退任している。11月には個人名義で保有していた株式の大半を野村證券を通じて会社側に売却したため、個人としてはローランドとの関係は完全に切れている。

 その梯氏が、なぜ今回のMBOに猛反発しているのか? 梯氏に話を聞いた。

●最も不本意なかたちになった優良子会社株の売却

--MBOへの反対は、ローランドの筆頭株主である財団の代表という立場で反対しているということか?

梯郁太郎氏(以下、梯) そうだ。私個人の保有株は昨年、家族名義のものも含めて大半を売却したが、財団は今も9.8%を保有する筆頭株主だ。財団は私が保有していた株式を上場後に寄付してつくった。活動資金は寄付金とローランドからの配当金で賄っている。

--会社側からは、事前に財団保有のローランド株式売却についての打診はあったのか?

 ローランドからはまったくなかったが、4月16日にTAIYOのブライアン・ヘイウッドCEOと日本人パートナー、りそな銀行の浜松支店長、りそなから着任したばかりのローランドの社員という顔ぶれで突然やってきた。ローランドは上場を廃止して配当を出さなくなるから、投資信託など同一価値の投資商品と入れ替えるかたちでローランド株をTAIYOに売ってほしいと。りそな銀行の支店長は交換後の投資商品の運用はりそなに任せてほしいと言ってきたので、私ははっきりと反対の意思表示をした。その翌日にもりそな銀行の支店長と担当行員が2人でやってきたが、このときもあらためて反対の意思を表明した。