NEW

【動画あり】W杯関連の秀逸な動画広告続々 各社の狙いと、SNS時代のマーケ戦略

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーの2014FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会が開幕し、世界中で盛り上がりを見せていますが、このタイミングでバイラル動画【編註:SNS等での拡散を目的としてインターネット配信する動画】でもサッカーを題材としたものが次々とリリースされています。

 今回は、各社の取り組みから主なものをご紹介します。

●Beats by Dre 「The Game Before The Game」

動画URL http://youtu.be/v_i3Lcjli84

 Apple社による買収でも話題になった高品質ヘッドフォンブランド・Beats by Dreによるバイラル動画です。ブラジル代表ネイマールとその父のやりとりを中心に、重要な試合に向けて、周囲の騒がしい世界からヘッドフォンを身に着けることで自らを隔絶し、集中力を高めていく選手たちの姿と、試合開始を心待ちにする観客の様子を描いた動画です。6月5日に公開されて、16日までに1000万回を超える再生がされています。

●adidas Football 「House Match ft. Beckham, Zidane, Bale and Lucas Moura」

動画URL http://youtu.be/BDUIuzIwwTU

“ベッキンガム宮殿”とも呼ばれる豪華絢爛なベッカムの自宅に、かつてのサッカー界の大スター、デイビッド・ベッカムとジネディーヌ・ジダン、そして新時代のスター、ガレス・ベイルとルーカス・モウラが一堂に会しています。サッカーゲームに夢中になっているニュースターの2人に対して、ベッカムが挑発します。

「勝負するか?」

 その言葉をきっかけに、豪華な室内でサッカーが始まります。トロフィーが数々並んだ棚にサッカーボールが直撃し、崩れ落ちます。ベッカムはショックを受けるふりをしますが、すぐに試合再開です。最後はジダンがシャンデリアにゴールを決めて、粉々にします。それをうれしそうに見るベッカム。メインコピーが示されます。

「サッカーは一生もの」

 引退後も、なおサッカーの楽しさを忘れない往年のスターを通して、サッカー文化の普遍性をうまく描いたバイラル動画です。6月6日公開から10日間で再生回数は1500万回を超えています。