NEW

小売り激変、O2O市場50兆円の衝撃 店舗革命、原宿・竹下通り復活の起爆剤に

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
O2O市場規模推移(「野村総研ITナビゲーター2013年度版」より)
 今回は、マーケティング手法として注目を浴びている「O2Oビジネス」について、企業事例をみて、今後の展望を探りたい。

 O2Oとは、Online(オンライン) to Offline(オフライン)のことを指す。ある企業や店舗のインターネット上での活動(Online)が、実際の店舗での購入や集客(Offline)に影響を及ぼすという考え方だ。冒頭の図を見ていただくとわかる通り、O2O市場規模は2017年には11年の2倍の50.6兆円になると予測されている。

 14年4月に米Deloitte Digitalが、13年11月に米国内で実施した調査の結果を「The New Digital Divide」と題したレポートにまとめている。この中で「13年、米国内における実店舗による売り上げの36%は、デジタルの影響を受けたものである」という報告がある。金額にすると、約1.1兆ドル(約110兆円)に相当する。さらに12年は実店舗の売り上げの14%がデジタルの影響を受けており、金額は約3400億円だったともいわれている。

 このように、O2O市場は消費活動において、あらゆるシーンで多大な影響力を持っており、もはや無視できない存在となっているといえよう。

●オンラインとオフラインを結ぶアプリ・WEAR

 人気ファッション通販サイト・ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが提供するスマートフォン向けアプリ・WEARは、13年10月末にサービスが始まったが、5カ月で200万ダウンロードを達成している。

 このアプリの使い方は色々とある。簡単に仕組みを説明するとこうだ。

 コーディネートを見ることに特化したアプリになっているため、ショップ店員や、芸能人、モデル、一般ユーザーのコーディネートを、雑誌を眺めるような感覚で見ることが可能になっている。「身長」等の切り口もあるため、自分の体型に似た好みのユーザーをフォローすることもできる。

 現在1日1万件以上投稿されており、コメント欄でのコミュニケーションや、TwitterやFacebookなど外部SNSとの連携も活発なため、「花柄」「古着MIX」「黒縁メガネ」などのアイテム別、または「入学式」「お花見」などのシーン別にタグを付け、コーディネートを友人と共有できる。また、気になったコーディネートやアイテムは保存して、いつでも見ることが可能になっている。洋服を選ぶ際に、自分の手持ちの服とのバランスや、コーディネートで悩むことが多いというユーザーの悩みを反映させたアプリとなっている。