NEW

大論争の「迷子ひも」、虐待との批判は的外れ 反対派は子育て経験ない人である

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子ども用ハーネスのイメージ(「Amazon.co.jp」より)
 5月26日に情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)で放送された、子どもに装着する「迷子ひも」(子ども用ハーネス)の特集がインターネット上で波紋を呼んでいる。

 この迷子ひもについては、ここ数年何度か議論の対象となり、そのたびに賛否両論巻き起こっている。しかも、毎回同じような意見が集まっては、特になんの進展もないまま収束してゆく。

 反対派と賛成派の主な意見は次のようなものだ。

・反対派

「虐待しているように思える」
「ペットのようで、見ていて感じ悪い」
「親が楽をするために使っているだけではないか」
「強く引っ張れば、かえってケガをする可能性もある」

・賛成派
 
「一瞬でも目を離すと迷子になる」
「手をつなごうとしても振り払って走りだす」
「小さな子どもが2人いる場合、2人とも手をつなぐことは不可能」
「実際に危険防止のために有効で必要」

 この迷子ひもは、欧米では事故や犯罪防止として広く普及しており、日本でも急速に需要が増えているという。日本国内だけでも、迷子ひもは数百種類流通しており、利用者が多いことがわかる。

 ペットみたいとの批判的な見方をやわらげるためか、リュックサックにリードが付いたタイプの商品の人気が高く、動物型や天使の羽、人気キャラクターなどをあしらったものがよく売れているという。

 また、最近は「デジタルまいごひも」と呼ばれるハイテクな商品も出てきている。だがこれは、子どもが親から一定の距離まで離れるとアラームが鳴るというもので、走りだした子どもを物理的に止めることはできない。

 ところで、迷子ひもは中世ヨーロッパの絵画にも描かれていることから、かなり歴史は古いといえる。服にひもを縫い付けたようなものが始まりといわれ、上流階級を中心に普及していたようだ。