NEW
神樹兵輔「『縮小ニッポン国』のサバイバル突破思考!」

薬指の長い人は高収入?指・腕の組み方で性格と思考パターンがわかる?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胎児の時に浴びたホルモンのバランス


「Thinkstock」より
 医学的な根拠がないと指摘されていても、「血液型占い」や「血液型性格判別法」は、今でも一定の人気を保っています。A型、B型、O型、AB型というたった4パターンに単純に分けられるところが、多くの人に受け入れられやすい要因なのかもしれません。

 そんな血液型のほかにも、海外でブームとなり日本に飛来して静かなブームを呼んでいる新たな性格判別法があります。「2本指の法則」「2D/4D比(2番目・4番目の指比)」と呼ばれる、その人が「男脳」なのか「女脳」なのかの傾向を探る簡便な判別法なのです。

 1988年に英セントラル・ランカシャー大学のジョン・マニングという心理学教授が発表した、「人差し指と薬指の長さの比較で、胎児の時に浴びたテストステロン(男性ホルモン)の量が推定できる」という研究論文がキッカケで広まってきたのが、この「2本指の法則」です。

 マウスの解剖や動物の形態研究から導き出されたという研究結果だけに、人間には当てはまらないという指摘もありますが、人は胎児の時に男性ホルモンであるテストステロンを多く浴びると「人差し指よりも薬指が長くなり、男性脳の傾向を示す」といい、男性ホルモンが少なく女性ホルモンのエストロゲンの影響が強いと「人差し指が薬指より長くなり、女性脳の傾向を示す」というものです。

 当然のことですが、男性は人差し指より薬指が長い人が多く、女性は人差し指が薬指より長い人が多くなるということになります。

 筆者も周囲の男女の指を見比べてみました。確かに男性が圧倒的に人差し指より薬指が長い人が多いのに対し、女性は必ずしも人差し指が薬指より長いとは限りませんでしたが、女性の何人かは確実に人差し指が薬指より長かったのには驚かされました。

 さて、「男性脳」の特徴としては、積極性、アグレッシブ(能動的)、運動能力や空間認識力が高い、支配的、数的認識力、機械に強い、主体的、行動的、心臓系と血管系が強い、ウィルスに弱いといった点がよく挙げられます。

 一方、「女性脳」の特徴としては、繊細さ、協調性、思いやりの心、人を惹きつける能力、言語能力の高さ、文系、感情的、アレルギーに敏感、心臓系が弱いなどの点が強調されます。男性で「女性脳」の人は、女性に対して理解度が高いともいわれています。

 ところで、人差し指と薬指の長さの差が小さい人、つまりほとんど長さが等しい男女の場合はどうでしょうか。この場合は、「男性脳」と「女性脳」が混在していると考えられ、争いを好まない平和主義者という指摘もあるようです。