NEW

イノベーションとグローバルなサービスで異彩を放つ、英系オンライン証券

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IG証券の莇陽子氏
 6月19日付当サイト記事『Apple WatchでFXができる唯一のアプリがスゴい!見やすい画面と高い操作性、「取引」まで可能に』で紹介した、IG証券の「トレーディング・アプリ」。


 同アプリは、米アップルの腕時計型スマートデバイス「Apple Watch(アップルウォッチ)」でFX(外国為替証拠金取引)ができる初のアプリであり、前回記事では、その特徴や使用感をレポートした。

 今回、IG証券でマーケット・コメンテーター兼マーケティング・エグゼクティブを務める莇(あざみ)陽子氏に、

・IG証券の先進的な取り組み
・多種多様な動画コンテンツの展開
・IG証券の歩みや強み

について聞いた。

常にイノベーションを志すIG証券


--Apple Watchに対応したトレーディング・アプリを、いち早く開発した理由はなんでしょうか。

莇陽子氏(以下、莇) IG証券を含むIGグループでは、モバイルトレーディングを重要戦略分野のひとつと位置づけ、その可能性に早くから注目していました。そうした戦略の下、スマートフォンおよびタブレット端末用アプリの開発に大きな投資を行っています。モバイル端末で取引を行うお客様は増加しており、そのニーズに応えるべく、日々アプリの機能向上に注力しています。

 その流れの中で、現在、モバイルトレーディングのツールとして最先端のApple Watchに対応したアプリを開発しました。これは、顧客のニーズに基づいたものではなく、イノベーティブなサービスを創出することで、新たな需要を喚起するアプローチといえます。

--IG証券は歴史のある企業ですが、こうした新しい取り組みが行いやすい風土が培われているのでしょうか。

 これには、2つの理由があります。ひとつは、IG証券はもともとベンチャー気質が強く、新しいものが好きで経営にスピード感があることです。もうひとつは、IG証券が物理的な顧客窓口を持たないオンライン専門の金融機関であることが挙げられます。

 特に、FXやCFD(差金決済取引)といった金融商品を提供するには、さまざまな取引所および金融機関と、高速ネットワークを通じて膨大な量の取引を処理するプラットフォームが必要です。そういった世界で生き残るためには、常に新しいテクノロジーを取り入れ、進化を続けなくてはなりません。つまり、イノベーションは、IG証券の大きな経営目標のひとつであるといえます。

--Apple Watch対応のトレーディング・アプリの反響はいかがでしょうか。

 まだリリースして間もないため、Apple Watchでトレードを行うお客様は限定的です。新規のお問い合わせもいただいていますが、現時点ではいわゆるコアの顧客層まで浸透しているとはいえません。

 しかし、これは製品のライフサイクルとしては自然なことだと考えています。我々の戦略としては、まずイノベーターやアーリーアダプターと呼ばれる、新しいプロダクトやサービスに対する好奇心が旺盛な層を取り込みます。そして、Apple Watchをはじめとするウェアラブル端末がより日常的に使用されるようになった時に、その分野のリーダーになることを狙っています。

--現時点では想定通りの滑り出しで、存在感が発揮されるのはこれからということですね。