NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

他人から暴力や怒りや反論を喰らわぬためには、どうすればよいのでしょうか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『生身の暴力論』(久田将義/講談社現代新書)
【今回取り上げる書籍】
『生身の暴力論』(久田将義/講談社現代新書)

 元「実話ナックルズ」(ミリオン出版)編集長による、暴力をテーマにした書である。登場するのはひたすら男だらけ。出てきた女は「コンビニで店長他を土下座させた女」程度である。著者がこれまでに取材や謝罪などでアウトローと接してきたりした経験を元に、暴力がどのような背景から生まれるのかを解説する。著者自身は「僕は臆病者である」と宣言するように、暴力を決して肯定しているわけではない。むしろ、いかに避けるかを説くものの、暴力はいつの時代にも存在するものだし、一線を越えてしまうことが可能な人間も世の中にはいることを解説する。

「『デビュー』が早いほど大事(おおごと)にならない(で済む)」「『ダサさ』の感覚を持ち合わせているかどうか」といったことと、暴力の歯止めが利かなくなる理由を説明するとともに、殺人経験者の「トロ~ンとした眼」の特徴にも焦点を当て、その特徴を描写する。筆者によると土方歳三はその例の一人だそうだ。あとは、「危険な事態であろうとも一人で行動できる人間」がどういった人間なのか、などについても述べていく。川崎中学生殺害事件や、AKB48メンバー襲撃事件に、「ドローン少年」ことノエルなど、実際の事件もケーススタディとしているため、ニュースを日々追っかけている人間からすれば、こうした解説がスムーズに理解できることだろう。

「青春あるある」的な側面


 本書を読み進めていくうちに、男だったら誰しもが経験するような「青春あるある」的な側面も備えた書であることに気付く。例えば、「地元愛」について語る部分だが、こうある。

<ちなみに、不良少年の都市伝説には「○○三兄弟伝説」というものが複数ある。その土地土地に、喧嘩が圧倒的に強い人間がいるものだが、不思議と「三兄弟」が多く、「○○三兄弟」などと言われて恐れられている傾向があるように感じられる(全国の三兄弟の方々が全てそうだと言っている訳ではない)。>

<不良少年にとってのアイデンティティは、「どこの中学にいたか」だ。「どこの高校か」ではないのである。(中略)だから、喧嘩になりそうな不穏な空気が漂う時、「お前、何中?」という会話から始まるのがオーソドックスな不良少年だ。「○○中は悪い」「××中は怖い」というフレーズも不良少年の間では定番である>

 「亀田三兄弟」ではないが、確かにこうした伝説はあったようにも思える。大抵の場合、「三兄弟で最も凶暴なのは三男のタケシだ。あいつには底知れぬ恐怖がある」というかたちで「長男=エース級」「次男=堅実」「三男=まだ開花せぬ天才気質」ということになっている。