NEW

日本誕生秘話 「倭国」「邪馬台国」は、中国にバカにされた表現だった!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漢委奴国王印(「Wikipedia」より/Corphine)
 昔々、古代中国の歴代王朝によって編纂された正史(史書)によれば、わが国にも国家の萌芽ともいうべき原始的な小国家が生まれていたようだ。その国が「倭国」や「邪馬台国」といわれていたことは、よく知られている通りである。

 しかし、読み方が記録されているわけではないので、「倭国」は「わこく」と読むのか、「やまとのくに」と読むのかはわからない。「邪馬台国」も「やまたいこく」なのか「やまとのくに」なのかは定まらない。いったい、どれが正解なのだろうか。

 いずれにしろ、この表記の仕方を見れば、倭は「いやしい」という意味で、倭国は「いやしい国」となり、邪馬台国は「よこしまで、野蛮な下界に住む者の国」ということになり、いいネーミングとはいえない。中華思想にとりつかれた者から見れば、周辺はみな蛮族の国になる。

 これだけでも十分にややこしい問題になっているところに、さらに厄介な問題が発生したために頭が痛くなるわけである。

 わが国はもともと、倭国(大和朝廷と解釈されている)と日高見国(日本国という名前の起源といわれる)の2つの国に分かれていたというのだ。そして、やがてひとつの国に統一され、「日本国」と名乗るようになったのだという。

「そんな説は聞いたことがない」というのが大方の意見だろう。しかし、古代中国の史書『旧唐書』と『新唐書』に記録されているため、頭ごなしに否定することはできない。五代十国時代の後晋で編纂された『旧唐書』「東夷伝」の「倭国伝」には、以下のように書かれている。

「倭国は古の倭奴国なり。京師を去ること一万四千里、新羅東南の大海の中にあり、山島に依って居る。東西は五月行、南北は三月行。世々中国と通ず。其の国、居るに城郭なく、木を以て柵を為(つく)り、草を以て屋を為る。四面に小島、五十余国あり、皆焉(こ)れに附属す」

「倭国は古の倭奴国なり」という記述を見れば、前漢王朝から「漢倭奴国王」と刻まれた金印を下賜された国の子孫であることがわかる。そうなると、倭国は北九州方面に勢力を張っていた王国の子孫がつくった国ということになる。

新旧の『唐書』で正反対の描写


 ところで、これとは別に「日本国伝」という見出しが立てられ、次のような記事が載せられているのだ。