NEW

渋谷駅に神がかり的な立ち食いそば店!席着くと同時にそば来る、尋常ではなく美味!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本家しぶそば(「しぶそば HP」より)
 近年、飲食業界には“立ち食いブーム”が訪れているが、やはり立ち食いといえば立ち食いそば。毎日を忙しく過ごすビジネスパーソンでも、立ち食いそばならば手軽かつ素早く食事を取ることができるとあって、朝昼夕とお世話になっている方も多いだろう。そんな立ち食いそば店の中でも、極めて速い提供速度と味の質を兼ね備えた店が東京・渋谷駅に存在するのだ。

 JR東日本の乗降客数ランキングの5位であり、1日の乗降客数が約37万人というターミナルステーション、渋谷。その渋谷駅のJR玉川口からほど近い東急百貨店の南館2階にあるのが、件の「本家しぶそば」だ。

注文から26秒でそば到着!

 本家しぶそばは、ほかの多くの立ち食い飲食店とは違い、券売機を採用していない。

 注文は入口を入ってすぐのレジにいる店員に伝え、その場で料金を支払うと店内に誘導されるのだが、セルフサービスの水を汲んで指定されたテーブルに着くと同時に、注文したそばがホールにいる店員によって目の前に運ばれてくるのである。どう考えても速すぎるのだが、そばのコシもしっかりとしていて茹で置きのものでないように感じられた。

 注文からそば到着までの時間を計測したところ、なんと26秒という早業。さらにあくまで筆者個人の感想ではあるが、つゆの風味もそばのコシもこれまで食べた立ち食いそば店の中で一、二を争うような味わいだった。ランチタイムを少し過ぎた時間に訪れたのだが、それでもランチを食べそびれたビジネスパーソンがひっきりなしに入店し、店内は大賑わい。ちなみに、ほかの来店客に商品が提供される時間も、20~30秒前後と目を剥くような速度で提供されていた。

 2014年9月に厚生労働省の健康局生活衛生課から発表された「飲食店営業(そば・うどん店)の 実態と経営改善の方策」のデータによると、外食産業全体では年々縮小を続けており、12 年の市場規模は1997年当時と比べ79.9%と大幅に減少している。しかし、そば・うどん店の市場規模については、97年の1兆856 億円から12年の1兆718 億円と微減した程度で、市場規模としては98.7%を保っている。つまり、飲食店業界の中でも不況に強く、変化の少ない有望な市場といえるだろう。

 現在、都内の駅の近辺を見ると新興の立ち食いそば店やセルフ式のうどんチェーンも多く出店されており、チェーンごとに苛烈な競争を強いられているが、提供速度を上げようとすれば味が落ち、味の質を高めようとすれば提供速度が遅くなってしまうというジレンマを抱える店も多い。そんななかで本家しぶそばは、異常ともいえる提供速度と味の質を誇り続けているわけである。店舗を運営している東急グルメフロントの畠山政幸氏にその秘密を聞いた。