NEW
「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」山本一郎・中川淳一郎・漆原直行

山本一郎・中川淳一郎・漆原直行が激論!人生が変わる?究極のお薦め&残念本リスト!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 皆さま、息災でいらっしゃいますか。実り多き読書生活を楽しんでおられますか。

 11月24日、東京・阿佐ヶ谷ロフトAにて、山本一郎、中川淳一郎、漆原直行の3人によるトークイベント『ココロに効く(かもしれない)本読みガイド #2 「読書で人生変わる」って本当!? 年忘れ! 2015年おすすめ本総括』が催されました。ご来場いただいた皆さま、まことにありがとうございました。

 前身となるイベント『ビジネス書ぶった斬りナイト』は8回催されたので、それを含めますと我ら本読みオヤジ3人による本読みイベントも10回の節目を迎えたワケでございます。毎度毎度、たくさんの方に足を運んでいただきまして、心より御礼申し上げます。

 とはいえ、実際のイベントでは10回目というメモリアル感はほとんど醸されないまま、いつもの調子で歯に衣着せない本レビューを繰り広げ、関連情報をあれこれイジるという展開でドタバタと進行していきました。

 今回のイベントのメインテーマは、3人が2015年に読んだ本のなかからオススメ本、注目本を紹介していく、というものでした。

 そこで本稿では書評連載の番外編として、イベント内で取り上げた本の一覧を掲載いたします。ご参考となれば幸甚に存じます。

【山本一郎 選書】

リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください 井上達夫の法哲学入門(井上達夫)

イスラム国の正体(国枝昌樹)

イスラーム国の衝撃(池内恵)

中国グローバル化の深層 「未完の大国」が世界を変える(デイビッド・シャンボー)

十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争(峯村健司)

世界史の10人(出口治明)

日本の未来を考えよう(出口治明)

官僚階級論(佐藤優)

<微妙な本>

誤解だらけの遺伝子組み換え作物(小島正美)

モンサント――世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業(マリー=モニク・ロバン)

【漆原直行 選書】

ドキュメント パナソニック人事抗争史(岩瀬達哉)

職業としての「編集者」(片山一行)

現代語訳 論語と算盤(渋沢栄一/守屋淳)

須賀敦子全集 第1巻(須賀敦子)

カッパ・ブックスの時代(新海均)

宿命の子(高山文彦)

ロックで学ぶ世界史(山崎智之)

<微妙な本オブ・ザ・イヤー>

たった一人の熱狂 -仕事と人生に効く51の言葉-(見城徹)

<香ばしい本オブ・ザ・イヤー>

7日でできる思考のダイエット(佐野研二郎)

<『7つの習慣』オブ・ザ・イヤー>

COMIX 家族でできる7つの習慣(伊原直司)

【中川淳一郎 選書】

ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い(西寺郷太)

田舎暮らしに殺されない法(丸山健二)

この世でいちばん大事な「カネ」の話(西原理恵子)

仁義なき宅配(横田増生)

大放言(百田尚樹)

<残念兄弟>

悪の力(姜尚中)

劣化する日本人 自分のことしか考えられない人たち(香山リカ)

<個人的に思い出に残った2冊>

新橋烏森口青春篇(椎名誠)

日本をダメにしたB層の研究(適菜収)

<これから読もうと思った気になる本>

地方自治体に営業に行こう!!(古田智子)

 以上です。

 今後とも「ココロに効く(かもしれない)本読みガイド」をお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。
(文=漆原直行/編集者・記者)