NEW

豆乳、40種類以上の味のどれも異常に完成度が高すぎる!おしるこ、バナナ、コーラ…

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キッコーマンソイフーズの豆乳飲料
 コンビニエンスストアやスーパーマーケットの定番商品として、人気を集めている豆乳。黄緑色の紙パックに入った「紀文の豆乳」は、誰もが一度は目にしたことがある商品だろう。


 しかし、今一度、よく見てみてほしい。おなじみの「太陽と鳥」のイラストは健在だが、現在は「紀文」のロゴはどこにも入っていないのだ。

「紀文」ブランドの豆乳を販売していた紀文フードケミファは、2008年にキッコーマンの完全子会社となり、現在は製造をキッコーマンソイフーズ、販売をキッコーマン飲料が担っている。

 11年からパッケージに「kikkoman」の文字が追加され、15年8月には「紀文」のマークが消えた。つまり、黄緑色のパッケージの豆乳は、今や「紀文」ではなく「キッコーマン」の商品なのだ。

 さらに言えば、「豆乳=黄緑色のパッケージ」というのも一昔前の常識だ。売り場では、黄緑色の「調製豆乳」のほかに赤、茶色、ピンクなど、カラフルなデザインに包まれた、さまざまな味の豆乳が並んでいる。

コーラ、甘酒、焼きいも……味は40種類以上


 キッコーマンが販売している豆乳飲料のバリエーションは、実に40種類以上。「麦芽コーヒー」「紅茶」などの飲料系から、「バナナ」「いちご」といったフルーツ系、和テイストの「甘酒」「おしるこ」「焼きいも」(いずれも季節限定)「しょうが」……さらには「無炭酸」と但し書きされた「健康コーラ」「ジンジャーエール」まで、想像できない味も多数ある。

 いつの間に、こんなに種類が増えたのだろうか。キッコーマンソイフーズの開発担当者に聞いた。

「06年頃に大豆のにおいをコントロールする技術を開発したため、豆乳飲料でも、さまざまな味をつくることができるようになりました。特にフルーツ素材と豆乳の組み合せは、大豆特有のにおいを調整することで、初めて実現したものです」

 キッコーマンの豆乳の中で特に種類が多いのが、フルーツ系だ。現在は14種類あり、全体の約3分の1を占めている。実際に「バナナ」を飲んでみると、「喫茶店のバナナジュースです」と言われてもわからないほど、“豆乳臭さ”は感じられない。

 さらに驚いたのが、「いちご」である。従来の豆乳のイメージから、いちご牛乳のような味を想像していたが、フルーティで甘酸っぱく、まるでいちごをギュッと搾ったジュースのような味に仕上がっている。

フルーツ味の豆乳の数々