NEW

ワコール新・解放系ブラジャーに絶賛の嵐!「ノーブラより楽」「何時間着けても痛くならない」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「SUHADA」(「ワコール HP」より)

 女性用下着メーカー最大手のワコールホールディングスは、2015年3月期の連結決算が売上高1917億円、営業利益70億円と堅調な数字を残している。08年から環境活動の一環として行っている「ブラ・リサイクル」への取り組みや、昨年1月に発表された三愛グループ(三愛および三愛スタイル)からの水着・下着事業の買収など、常に女性用下着業界で存在感を示している。そんな同社が、3月に満を持して市場投入した新作下着が話題となっている。

 新作「SUHADA」は“ブラとカラダがひとつになることを目指したブラジャー”を謳っている通り、カップに新素材「SUHADAフィットウレタン」を採用するなど、肌に馴染む感触とバストとの一体感を追求した新・解放系商品になっているという。

20~30代の一般女性が絶賛

 筆者が20代から30代の一般女性に試着を依頼して集めた感想を紹介しよう。

「ノンワイヤーブラ自体は今までにもあったので、正直それほど期待していませんでした。しかし、ステマとかじゃなく、本当に想像以上によかった。何時間着けていても、どこも痛くならないんです。ワイヤー入りのブラは、ワイヤーが食い込んできてブラのあとが付いてしまうし、今までのノンワイヤーのブラも、結局は胸の下とか背中の部分の肉に食い込んできて痛くなるんです。その点、このSUHADAはすごくフィットするので、全然痛くなったりしません」(20代女性・Cカップ)

「着ける人の体形にブラのほうが合わせてくれるというのがウリみたいですが、確かにそういう感覚です。ブラが胸をしっかり“持ってくれている”というイメージで、胸の重さをほとんど感じないぐらいのほどよいホールド感です。胸を持ってくれているから、思いっきりダッシュしても大丈夫そうに思えます。普通はブラを着けているときより着けていないときのほうが楽なんですが、このSUHADAはノーブラのときよりも楽な気がします」(20代女性・Dカップ)

「ヌーブラ(BRAGEL INTERNATIONAL)も着けた直後はすごく着け心地がいいのですが、1日中着けているとどんどんホールド感がなくなって崩れてくるのが難点です。しかしこのSUHADAは、1日の最後まで同じ着け心地でした」(20代女性・Eカップ)

 ワコールが打ち出しているように、やはりフィット感、ホールド感は特筆すべきポイントのようだ。一方で、こんな意見もある。

「私みたいに胸が小さい人にもいいですね。体にフィットして、すごくきれいにキープしてくれるんです。それから個人的には、このデザインも好きです。シンプルだけどカラーバリエーションもたくさんあるから、20代の女子はもちろん、40代、50代の熟女にも似合うと思います。表面がボコボコしたレース素材ではないから洋服に響きにくく、Tシャツ1枚の下にこのブラを着けていても、外から見たらどんなブラかわからないと思います」(30代女性・Aカップ)