NEW

疲労で死亡事故、10連勤、1日20時間労働、自殺未遂者…ブラック度200%のあの企業!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エイジス社長から社員に送られた直筆の手紙と、菓子と文具のセット
 5月19日、厚生労働省千葉労働局は、違法な長時間労働を繰り返している企業として、棚卸し代行業「エイジス」を名指しした。昨年5月に長時間労働会社に対し行政指導の段階で名前を公表するとして定められた新基準が、初めて適用されたかたちだ。


 このエイジスとは、どんな会社なのか。今回、エイジスの大阪拠点で働く男性Aさんに話を聞くことができた。

「僕、アイドルファンなんですよ。コンサートやイベントの日には仕事が休めるよう、今の仕事に就きました。予定が決まっていればシフトの希望を出せるので、休みが取りやすいのです。同僚にもアイドルオタクは多くて、人気のあるイベントの日にはバイトがごそっと休んだりします。正直僕は、この仕事に対して“アイドルイベントに行きやすい部分”にしか魅力を感じないですけどね……」

 エイジスの仕事内容は、店舗の棚卸しの代行をはじめ、商品政策補助や店舗内作業の補助など、人材を派遣して顧客の仕事を手伝うというものだ。「仕事内容に興味があって働いているという人は聞いたことがない」(Aさん)という。

「あと、職場には、ギャンブルやアルコールにハマってる人が多いです。みんな手っ取り早く、ストレスを解消したいんじゃないですかね。がんばって働いても、そのお金が全部パチンコに消えていくというのは、正直馬鹿馬鹿しいと思いますけど。

 結婚は諦めてる人が多いと思います。もし、結婚して子どもができても、残業をめちゃくちゃがんばるか、仕事変えるかしないと無理ですからね。

 ちなみに、労働者はゲームみたいに『SABCD』というランクで分けられてます。このランクによって、時給が変わるんですよ。半年働いてBかAになるのが普通で、Sになる人は超人級というイメージです。時給はSに上がってやっと1000円台というところですね」

 Aさんは5年働いてもBランクで、さらにランクを下げられた“ダメバイト”だと自嘲する。ちなみに棚卸し代行は、基本的には企業の決算時期だけが忙しいので、フルで仕事できるのは年に半分くらいしかないため、アルバイトだとがんばっても年収300万円が最大だという。