NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

「地方移住でのんびり幸せ生活」の落とし穴…意外な出費多く、都会より生活コスト高も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 毎年、夏休みを利用して実家に帰省するという人も多いだろう。私もそんなひとりだが、20~30代の頃は、帰省するのが面倒くさくて仕方なかった。それが最近、40代も半ばを過ぎると、数カ月に一度、田舎の空気が吸いたくてたまらなくなるのだから驚きだ。これが年をとるということだろうか。

 実は数年前に、家庭の事情で一時的に実家にUターンしていたことがある。その際の経験から、今の自分に田舎暮らしは向いていないと痛感。現役時代に再移住するつもりはまったくない。ただ最近、リタイア後の田舎暮らしもいいかな、と漠然と思ったりもする。

 さて、今回は、そんな地方移住についてである。もし定年退職した夫が田舎暮らしに憧れて「地方移住したい」と言いだしたら、あなたは(妻)はどうするだろうか?

「終の住み処」について、男性は田舎派、女性は都会派に分かれる


 アサツーディ・ケイが2012年10月に実施した「全国一斉住み力調査」によると、「終の住み処」についての考え方を男女で比較した場合、中高年層において、それぞれ男性が“田舎派”、女性が“都会派”の志向が強いという。

 とくに60代ではその差が顕著で、「最後は田舎で暮らしたい」と回答した人が、男性は43.5%なのに対し、女性は17.4%。「最後は都会で暮らしたい」と回答した人が、男性は53.6%なのに対し、女性は72.5%という結果になっている(図表参照)。





 都会であくせく働き続けていると、「リタイアしたら、のんびり田舎で暮らしたい」と夢見る男性の気持ちはわからないではない。ただ、夫が田舎暮らしの夢を実現させるためには、まず妻の説得というハードルをクリアする必要がありそうだ。

移住にあたってもっとも不安なのは「収入」や「移住費用」など


 そして、やはり気になるのが移住にかかるお金だろう。

 ネオマーケティングが、国内で移住をしたいと考えている、あるいは移住が決まっている20~64歳の男女400人を対象に「移住」をテーマにした調査を実施したところ、移住にあたっての不安要素として、「収入」「移住費用」が上位にあがった(図表参照)。



 さらに女性の場合、「収入」や「病院や公共施設が充実しているかどうか」「食事が合うかどうか」という項目以外は、男性よりも回答数が多いことがわかる。どうやら女性は、移住に関してさまざまな不安要素を抱えているようだ。