NEW

ツイッター、凋落で大量リストラ…使い勝手悪さ、2ちゃんねる化で有力ユーザ離れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 今夏終わり頃に突如として巻き起こった、米ツイッターの身売り騒動。

 売却先候補にはグーグルやマイクロソフトといったIT業界の一流企業だけではなく、エンターテインメント事業を核とするウォルト・ディズニーや、クラウドサービス大手のセールスフォース・ドットコムなど、名だたる企業が名乗りを上げていた。

 その買収額は200億ドル超ともいわれたが、10月末には興味を示していたすべての企業が買収交渉から撤退すると報じられ、ツイッターの株価が急落するといった事態が起きた。

 しかし、日本においてはツイッターといえば、フェイスブックやインスタグラムと並び、SNSの代名詞的存在でもある。そんなツイッターが、なぜ身売りをしなければいけない事態に陥っているのか。

 株式会社office ZERO−STYLE代表取締役であり、ウェブサイト「ネットメディア攻略研究所」を運営している落合正和氏に、ツイッター苦戦の理由と今後の動きについて話を聞いた。

海外ではイメージ悪化


「ツイッターには現在、全世界で約3億2千万人のアクティブユーザーがいるといわれています。そのなかで日本のアクティブユーザー数が約4000万人。人口比率から見てみると、日本人の約3人に1人がアカウントを持っている計算になりますし、これだけのユーザー数を持っている国は世界中を見渡しても希有です。

 しかし、世界的に見てみるとフェイスブックのアクティブユーザー数は約17億人、さらにはその傘下のインスタグラムでも5億人とユーザー数では圧倒的に差をつけられています。また、SNSの新興勢力として海外のティーンエイジャーに人気のスナップチャットという動画共有型SNSにさえ、ツイッターは一日のアクティブユーザー数で抜かれてしまったという情報もあります。

 このように日本では人気であっても海外では圧倒的な劣勢に陥っており、収益もずっと赤字のまま。ツイッターの身売り話が出た理由は単純で、収益が伴っていないから、ということに尽きるのです」(落合氏)

 3億人のアクティブユーザーを抱えていながら利益をあげられていないのはなぜなのだろう。

「“商機を逸した”というのが主な理由のひとつです。ツイッターやフェイスブックなどのSNSは広告収入がメインの収益になるのですが、ツイッターは勢いが高まっていたタイミングで広告をほとんど取れなかった、ということが致命的でした。