NEW

たった30秒の時短料理レシピ動画サイトが大人気!ド素人でもつくれる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mogoo HP」より

 普段めったに料理をしない人が何か料理をつくろうと思った際に、強い味方となってくれるのが料理のレシピを教えてくれるサービスやアプリ。これまでその筆頭格といえば、一般ユーザーがレシピを投稿する「クックパッド」だったが、近年は動画に特化してレシピを紹介する料理動画サービスがじわじわと増えている。

 そうした料理動画サービスのなかでも「30秒でチェック可能な時短レシピ」で人気を呼んでいるのが、インスタグラムやフェイスブックなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を中心に再生数を伸ばしている『mogoo(もぐー)』だ。2015年にスタートした比較的新しいサービスながら、10~30代の女性層から圧倒的な支持を集め、月間1000万人が閲覧しているという人気ぶりなのだ。人気の秘密を探るべく、昨年9月に24歳の若さでmogooを立ち上げたスタートアウツの代表取締役、板本拓也氏に話を聞いた。

スマホ世代に向けてサービスを最適化


 恥ずかしながら、筆者は料理という料理をつくったことがないが、「料理男子はモテる」という話を聞くにつけ、機会があればトライしてみたいと常に思ってきた。しかし、ろくに料理をしたことのない人間にとって、料理のハードルはかなり高い。なぜなら、レシピを見たところで、つくり方がイメージできないからだ。板本氏は、そんな料理初心者にこそmogooは最適だと語る。

「僕もそうなのですが、結局、料理の初心者は、文字のレシピだけではわからない人が多いのです。たとえば、『乱切り』『くし形切り』『短冊切り』などと書かれていても、なんのことかわからないですし、見慣れない調理器具があると、使い方自体がわからないこともあります。そうした人にもつくり方を伝えられるのが、当社のサービスだと自負しております」

 今の若い世代には、「テレビで料理番組は観ないけれど、スマートフォンでレシピは確認する」という人が多く、そんな彼らには文字情報ではなく動画のほうがより支持される。mogooでは、こうした背景も踏まえてインスタグラムやフェイスブック、ツイッター、またLINEのタイムラインや動画共有サイト「YouTube」などに毎日6~7件のレシピを公開している。

 それぞれ統計を取ると、フェイスブックからの流入が一番多いものの、10~20代の若い女性はインスタグラムからのリーチが圧倒的に多いという。

たった30秒の時短料理レシピ動画サイトが大人気!ド素人でもつくれる!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、mogoo(もぐー)インスタグラムクックパッドの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!