NEW

トヨタ、発表前の役員人事が漏れる…日本人女性初の役員、ダイハツ社長交代、アジア・北米強化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車・豊田章男社長(ロイター/アフロ)

 トヨタ自動車が早ければ3月1日にも発表するとみられる、グループ企業を含めた役員人事が明らかになった。

 奥平総一郎専務が、完全子会社化したダイハツ工業の社長に転じる。奥平氏は現在、トヨタ研究開発センター(中国)の社長も兼務しており、中国でのハイブリッド車の現地開発の推進役を務めたほか、アジア・オセアニア地区のチーフテクニカルオフィサーも兼務している。開発の現地化で実績を残した。トヨタは今後、新興国専用車をダイハツの力を借りて開発する方針であり、タイにある開発拠点を名称変更するかたちで「トヨタ ダイハツ エンジニアリング アンド マニュファクチャリング」を置いて、ダイハツと協業での開発体制を強化する。こうした状況下で、奥平氏が適任者と判断されたもようだ。

 日野自動車社長には同社副社長の毛利悟氏が昇格する。毛利氏は昨年、トヨタ専務から転籍したばかり。トヨタでは国内営業や中国事業での経験が長く、日野のグローバル化を推進していく計画だ。毛利氏が昇格した後には、トヨタから牟田弘文専務が移る見通し。牟田氏はトヨタでは生産技術の担当が長く、工場の生産ライン建設などで手腕を振るった。

 日野は今後、「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」と呼ばれる、商品力向上とコスト削減を同時並行で展開する設計手法の改革を受け入れて、展開する方針だ。その際には開発部門と工場の連携が成否を決めるカギの一つとなるため、牟田氏に白羽の矢が立った。また、昨年、日野からトヨタの常務役員に移ってきてコーポレート戦略部を担当していた下義生氏は1年で日野に戻る。トヨタでの「修行経験」を生かして日野を活性化させていく。

 トヨタグループの広告代理店、デルフィス社長にはトヨタ常務役員でタイ国トヨタ社長の棚田京一氏が転じる。後任のタイ国トヨタ社長には菅田道信TMAP-Japan室長が就く。タイはトヨタにとって戦略的な拠点だが、軍事政権樹立後は経済の低迷とともにトヨタの工場の稼働率も落ちており、舵取りが難しい局面。フィリピントヨタ社長を経験するなどアジアに強い菅田氏を起用して、タイ事業の再強化を図りたい考えだ。

トヨタ、発表前の役員人事が漏れる…日本人女性初の役員、ダイハツ社長交代、アジア・北米強化のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ダイハツ工業トヨタ自動車米国市場の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!