NEW

三ツ矢サイダーCM、楽器がのどに突き刺さる危険も…吹奏楽団演奏者から批判噴出

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三ツ矢サイダー|アサヒ飲料」より
 4月18日、アサヒ飲料は俳優の神木隆之介と女優の芳根京子を起用した「三ツ矢サイダー」の新CM「僕らの爽快」編の放送を中止することを公式サイトで発表した。


 同CMでは、トランペットを練習している芳根の背中に駆け寄ってきた友人たちがぶつかるシーンがあったが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では「楽器演奏中にぶつかるのは危ない」「唇にけがをする」「絶対まねをしてほしくない」と危険性を指摘する楽器経験者の書き込みが相次いでいた。

 アサヒ飲料は、公式サイトで「この度、三ツ矢サイダーの新CM『僕らの爽快』編につきまして、お客様からたくさんのご意見を頂きました。配慮に欠ける表現がありましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。皆様のご意見を真摯に受け止め、当CMの掲出を取りやめることと致しました。この度は誠に申し訳ございませんでした」と謝罪している。

 アサヒグループホールディングス広報への取材によれば、視聴者から「あのCMで友人たちがぶつかるシーンがあり、非常に危険が伴う」という指摘があったのは、18日10時。急遽会議を開催し、同日18時50分に公式サイトの動画を含め、YouTube、ツイッターなどの同CMの広告宣伝を中止することを決定したという。

 ツイッターでは、大阪交響楽団トランペット奏者の「全日本吹奏楽連盟のような大きな組織に動いて欲しい」という意見もあったが、同連盟に問い合わせたところ「当該CMについてコメントすることはない」という回答だった。

歯が折れる、楽器がのどに突き刺さることも


 そこで、吹奏楽団に所属する現役の楽器演奏者に話を聞くと、件のCMについては疑問視する声が多く聞かれた。

 たとえば、東京都の演奏者は以下のように語る。

「そもそも論でいえば、ライターの方もそうだと思いますが、文章を書いているときに後ろからぶつかるということは、作業の邪魔になるはずです。なぜあのような演出をしなければならなかったのか、必然性が見えてきません。これは、常識の問題だと思います。そして、楽器の演奏中にふざけてぶつかると、歯が折れたり唇を切ったりする可能性があり、場合によっては楽器がのどに突き刺さることもあります。非常に危険な行為です。私どもは社会人が参加する吹奏楽団ですが、『小中学生の子どもがまねをすると危ないよね』という話になっています」

 以下のように語るのは、神奈川県の演奏者だ。

「個人的見解ですが、どの楽器でも、吹いているときにふざけてぶつかれば、まずい状況になる可能性があります。さらに、楽器の特性上、マウスピースを口に入れている状況であれば、特に唇にけがをする可能性がありますね。制作者がどういう意図で制作したのか、それは個々の判断に基いてのものだと思いますが、楽器をしっかり吹いているときは周囲の人は注意する必要があり、悪ふざけはやめるべきです」

三ツ矢サイダーCM、楽器がのどに突き刺さる危険も…吹奏楽団演奏者から批判噴出のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、CMアサヒ飲料三ツ矢サイダー楽器の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!