NEW

一風堂創業者、上場で4億円利益…懲役判決から這い上がり年商2百億企業へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ニューヨークの一風堂の店舗(AP/アフロ)
 博多ラーメン「一風堂」を運営する力の源(ちからのもと)ホールディングス(HD)の株価が乱高下している。3月21日、東証マザーズ市場に上場したが、買い気配のまま値がつかなかった。翌22日にやっと2230円の初値をつけた。これは、公開価格600円に対して3.7倍で、時価総額は247億円に上る。その後は勢いが止まらず株価は上昇を続け、上場4日目となる24日には3655円にまで急騰、公開価格の実に6.1倍となった。


 だが、それからは一転して利益確定売りが出て、株価は下がり続けた。4月13日は安値1858円に下落。初値を割り込み、高値をつけた3月24日の半分になった。

 それでも公開価格の3.1倍という高い水準を保っており、4月17日は326円高の2315円で終わった。新興市場は一時の熱狂から醒め、IPO(新規公開)銘柄で公開価格割れが続出している。そんななか、一風堂は投資家の期待に応えているといえる。

 今後は、一進一退を続けながら、公開価格(600円)の水準に近づくのではないかと、弱気の読みをするアナリストもいる。その背景には、同社株でマネーゲームをしてきた個人投資家が、今回の株価の波乱で少なからずダメージを受けているからだ。力の源HDを対象としたマネーゲームは、いったん終息したとの見方が出ている。

 力の源HDは、上場に伴い80万株を新規に発行、創業者で会長兼CEO(最高経営責任者)の河原成美氏は、保有する20万株を売り出した。初値の2230円で計算すると、河原氏は4億4600万円のキャッシュを手にしたことになる。

 力の源HDは上場に先立ち、社員を対象にストック・オプションを導入した。1株530円で株式を購入する権利だ。仮に、初値で手に入れた株式を売却したとすると1株で1700円の売却益が出るわけで、2000株を売却すれば340万円相当の利益を得る計算(手数料や税金は除く)。つまり、時ならぬボーナスとなる。ちなみに、本体の従業員数は71人で、3万3000株を保有する清宮俊之社長兼COO(最高執行責任者)などの役員や、子会社の役員がストック・オプションの恩恵を受けた。

 力の源HDの公開価格は、想定価格の上限にあたる600円で決まった。想定価格は同業他社と比較して決められており、これほどまでに株価が暴騰するとは、誰も考えていなかったのではないだろうか。

 だが、経営陣は、これから地獄が始まる。株価があまりに上がりすぎたため、高い株価を維持するための方策を次々と打ち出していかねばならなくなったからだ。人気ラーメン店といえども、株価を押し上げる材料は、そう多くはない。

一風堂創業者、上場で4億円利益…懲役判決から這い上がり年商2百億企業へのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、一風堂創業者河原成美東証マザーズ市場の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!