NEW

『小さな巨人』、香坂の言ってることがメチャクチャ…ただの負け犬の遠吠え感否めず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『小さな巨人』の公式サイトより

 長谷川博己が主演を務める連続テレビドラマ『小さな巨人』(TBS系)第2話が23日に放送され、平均視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 警視庁捜査一課係長だった主人公・香坂真一郎(長谷川)が、捜査一課長・小野田義信(香川照之)の裏切りにより所轄に左遷されるも、自身の信念を曲げずに突き進む姿が描かれる同ドラマ。第2話では、香坂は所轄刑事・渡部久志(安田顕)とともにゴーンバンク社社長・中田和正(桂文枝)誘拐事件、そして風見京子(富永沙織)の自殺の真相を探るべく、京子の元恋人で中田の息子・隆一(加藤晴彦)が経営するビルを訪れ、防犯管理担当・池沢菜穂(吉田羊)から話を聞くことに。その一方で、香坂は小野田の部下・山田春彦(岡田将生)に協力を頼む……という展開だった。

 同ドラマは、2013年の大ヒットドラマ『半沢直樹』が生まれた「日曜劇場」枠で放送されており、“主人公が組織内にうごめく陰謀に立ち向かう”といったベースはまったく一緒だ。また、ストーリー以外にも『半沢直樹』から継承されているものがある。まず、両方のドラマに起用されている香川は、『半沢直樹』出演時からインターネット上では表情が豊かすぎる“顔芸”が話題になっていたが、『小さな巨人』でも初回から絶好調の顔芸を見せた。

 さらに、今作では岡田も顔芸担当に任命されたのか、口角を上げてニヤリとする表情があまりにも不自然で笑える。しかも岡田の肌が白く美しいせいで、ちょっとピエロっぽくも見え、そういう意味では不気味。とにかく今後は香川だけではなく、岡田の顔芸にも注目だ。

 このように、王道ストーリー&顔芸を兼ね備えているとはいえ、内容的にはツッコミどころも多い。たとえば、池沢が入院中の息子の病室から出てきたところを、香坂と渡部、山田が待ち受けるシーン。夜だったので子どもは寝ていて、廊下も静まり返っていたというのに、香坂は声を潜めることなく、むしろ堂々たるボリュームで池沢に話し掛けていた。どう考えても迷惑で、現実なら夜勤の看護師がすっ飛んできただろう。

 また、今回は山田の協力で事件解決に近付いたものの、山田に自身の手柄されてしまった。結局、真相は再び遠ざかってしまったのだが、香坂は山田を「飼い主に尻尾を振るような犬」呼ばわりし、「お前とは違ったやり方で、私は捜査一課長になる!」と宣言。これに対し、山田は「今回、捜査一課の僕の助けがなければ、あなたはここまでたどり着けなかったはずです」と指摘するが、香坂はそれに返事はせず、「我々所轄がこの事件の真相を突き止めて見せる」と捨て台詞を吐いて去っていった。

 カッコイイ感じでエンディングを迎えた香坂だが、山田の言う通りである。今回は間違いなく山田のおかげで捜査が進んだのに、犬呼ばわりって……。香坂のほうが“負け犬の遠吠え”状態だ。まぁ、こうしたみっともない姿を見せつつ這い上がっていく様が、ウケるのかもしれないけれど。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『小さな巨人』、香坂の言ってることがメチャクチャ…ただの負け犬の遠吠え感否めずのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、小さな巨人長谷川博己香川照之の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!