NEW

学力は中学レベル…大学教育、崩壊の実態 想像を絶する学生&教員の質劣化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より


 4月、一橋大学専任講師の川口康平氏が香港科技大学に移籍することを自身のツイッター上で発表し、一橋大の2倍以上の年収になる「1500-1600万円」を提示されたと明かし話題を呼んだ。さらに、「大学内にファカルティハウスがあって、年収の10%を支払えば、100平米ぐらいの3LDKに召使い部屋と駐車場が付いた部屋を借りられるそうです」「キャンパス内に保育所が完備されており」などと日本の大学との違いを指摘し、次のように警鐘を鳴らした。

「これまでにも『PhDがみんな海外に行く』『海外就職して帰ってこない』などの形で問題は生じていたのですが、このように近年では『国内の人材が海外に出ていく』例もでてきています」

 日本の大学といえば、少子高齢化に伴う入学者減少や大学数の増加による過当競争により、年々経営が厳しくなりつつあるとも指摘されており、有名大学での非常勤講師雇い止め問題などもたびたび報じられている。

 では、やはり日本の大学教員の待遇は、世界と比較して低いといえるのであろうか。『高学歴女子の貧困』(光文社新書)の共著者で実践女子大学非常勤講師の大理奈穂子氏に話を聞いた。 

高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか? (著:大理奈穂子、栗田隆子、大野左紀子/監修:水月昭道/光文社新書)
――給料に対する不満の背景には、比較対象が海外の大学の賃金水準にあることも挙げられますね。

大理 高度経済成長期から続いていることですが、日本では、欧米先進国に比べてアカデミズムの価値が低く扱われています。OECD加盟国のなかで、高等教育に費やす国費の比率は日本がワーストワンです。この違いが大学教員の給料にも反映されています。高等教育の水準を維持することは国家として相当な負担になると思いますが、欧米先進国では、高等教育にはそれだけの価値があると認識されているのです。

 欧米先進国に対して、日本でアカデミズムの地位が低いのは、産業界にアカデミズムへのニーズがないこともあるでしょう。さらに小泉政権で大学の設置基準が緩和され、自治体による街おこしの手段、あるいは短大や専門学校、また小中高校の経営戦略の一環として、全国各地に大学が新設されました。安直な取り組みでしたね。その結果、アカデミズムの質が低下して、大学が専門学校のようになりつつあります。 

 ある私立大学では、研究実績の乏しい東南アジア人の英語教員を相当数雇って、日常会話の教育にシフトしています。その大学の日本人専任教員は、大学側から「学問は求めていない」という趣旨の方針を言い渡されたと聞きました。

学力は中学レベル…大学教育、崩壊の実態 想像を絶する学生&教員の質劣化のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、介護職大学教員非常勤講師雇い止め問題の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!