NEW

高齢ペットの介護問題が深刻化…追い詰められる飼い主、老犬ホームの利用急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 一昔前と比べ、犬猫の平均寿命が延びている。一般社団法人ペットフード協会の「平成28年全国犬猫飼育実態調査」によると、犬14.36歳、猫15.04歳で、ヒトに換算すれば70~75歳くらいだ。高齢犬猫の介護に追われる飼い主も増え、最近では老人ホームならぬ「老犬ホーム」まで登場している。

 老犬ホームとは、主に介護が必要になった高齢犬を預かり飼育する施設で、終生預かりやデイケアサービスなどのサービスを提供する施設だ。全国の老犬ホーム情報提供サイト「老犬ケア」を運営するリブモ株式会社が行った「老犬ホーム利用状況調査」によると、2016年3月の有料入居頭数は209頭であったが、17年2月末時点では448頭に増加している。

 リブモに取材したところ、その背景をこう分析する。

「2000年ごろ起きたペットブームで飼い始められた犬猫たちがシニア期を迎えるタイミングなので、利用数が増えているのかもしれません。ペットの高齢化は、フードや医療の発達だけでなく、室内飼いが増えて飼育環境が向上したことも一因ではないでしょうか」

 ヒトの場合でも、家族を老人ホームへ入居させることには罪悪感を覚える人が多いようだが、ペットの場合はどうだろうか。姥捨て山のように、動けなくなったペットを厄介払いしているケースはないのか。

「もちろん、飼い主さんたちも罪悪感でいっぱいで、預ける前にとても悩んでいます。愛犬を最期まで看たいという気持ちはあるのですが、寝たきりになれば目が離せないですし、認知症の犬は夜鳴きするようになり、睡眠不足に陥ったり、近隣からクレームを受けたりするケースもあります。飼い主とペット、双方にとってより良い生活を考えたうえで決断されているようです」(リブモ)

 買いものなどで少し家を空けただけで、部屋のなかや、愛犬自身が糞尿まみれになっていることもあり、介護疲れで精神的に追い詰められてしまう飼い主は少なくないという。「このままでは共倒れになってしまう」……、そんな葛藤を抱えているのはヒトの介護と同様だ。

「老犬ホームを利用することに対し、『ペットを見捨てるのか』といった批判的な意見もありますが、平均すると年間約五十数万円の利用料がかかります。ペットには介護保険がありませんから、飼い主さんの全額負担です。決して安くはないお金を払ってでも、よりよい最期を迎えてほしいという気持ちで利用されている方が多い印象です。また、施設側もお金を払ってくれればなんでも受け入れるというわけではなく、姥捨て山のように考える飼い主は利用を断る施設も少なくありません」(同)

高齢ペットの介護問題が深刻化…追い詰められる飼い主、老犬ホームの利用急増のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、一般社団法人ペットフード協会東京ペットホーム老犬ホームの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!